キスマイ。

これまで一度もクリアしたことがない絵しりとりだが、今回こそはと意気込む どうしたって、現実はドラマほどうまくはいかないだろう
玉森さんはこの楽曲について「ふとした瞬間に恋に落ちたり、甘酸っぱい関係になっていく様だったりとか、ドラマの世界観に寄せた歌詞なのかなと思います」とコメント そう信じられるポジティブな力が、本作には宿っていた
「俺をいじめるとこうなるんだよ!」と横尾は高らかに声を上げるのであった Kis-My-Ft2が歌う主題歌「Luv Bias」は、最後まで大きな役割を果たした
キスマイの好きな女性芸能人について話題が及ぶと、宮田俊哉は「俺はずっと言ってるけど、堀北真希さん 泣 」「黄色のワンピース可愛かった 玉ちゃん色に合わせたのかな?」「黄色は萌音ちゃんカラーなのかな それとも潤之介(編注:玉森さんの役名)さんのメンバーカラーを選んでくれた?」といった反応がツイッターなどに寄せられている
さっそく横尾は北山を指名し、何もしていない北山に罰ゲームをくらわせることに この衝撃な回答に、キスマイのメンバーや、ゲストの若槻千夏・みちょぱらは「何それ!?」「逆に嫌だ(笑)」と驚きの声をあげていた
千賀健永は「雰囲気的に変わっている人が好きなんですよね。 「この人だと思って、結婚しようと思ったら、お母さんが『あの子はやめなさい』っていったらどうしますか?」との質問にも「やめますね」と即答した。 「笑いたい」ではなく、笑えるように精一杯、今を生きていきたい。 全然連れて行きますよ!」と力説。 今日悲しくても、明日悩んでも、いつかきっと笑える日が来る。 だからこそ皆、これほどまで『ボス恋』に夢中になったのではないだろうか。 〈君の好きなミルフィーユも 一緒に食べに行ける〉。 混沌とした世の中にあってラブコメは、人々の癒しであり希望。 もうめちゃめちゃ可愛いと思ってる」と現在は芸能界を引退しているが、元女優の堀北さんが昔から好きであることを告白。 その後も、たとえ恋人の誕生日であっても母を優先することを強調する宮田に、女性陣は「えーー!」「嫌だ!」とドン引き。
80