イッテキュー お祭り やらせ。

同番組のプロデューサーが局内きっての人格者であり、 業界内でも評価の高い人物である。

竹竿祭り(タイ)• このようにイッテQは現在、視聴率が2位もしくは3位で推移しており、かつての勢いを失っているのですが、お祭り企画の復活によって久しぶりに同時間帯トップの数字を獲得するのか否かにも注目したいですね。

「こういう問題で『バラエティはそもそもやらせだから』って言う人がいますけど、僕はその考えが嫌いで、結構ガチもやってますから」と私見を語った。

それゆえ彼は、不貞騒動を理由にベッキーを降板させたことを 非常に後悔しており、 手越祐也さんについては守るという意向を示しているそうです。

「やらせ疑惑」の理由 やらせ疑惑は、番組のために作られた海外での催しを「地元の祭り」としていたということが一つ。

もしそれが日本だったら、あまり気持ちが良くないというのは分かりますけど…」とし、最後は「我々、フジテレビと日テレを天秤にかけたら、日テレで仕事したいわけじゃないですか 今年に入ってからの日曜20時台の視聴率順位はというと、2月2日はポツンと一軒家がトップの18. 「何で毎回たどり着けるんだろう?」 今回のやらせとこの疑問も、つながってしまうのでしょうか
今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」 また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する みやぞんやバービーが大けがをしたとき、内村は泣きながら番組幹部に『これ以上、仲間を傷つけないでほしい
今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません 番組では、カリフラワー祭りは「カリフラワーの産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」と紹介! この祭りにはNEWSの手越祐也さんも参加し、宮川大輔さんと2人で祭りに出場していました
小規模の催しにも参加してきました 結果を見ると、やらせは勝敗ではない ということが一目で分かります
日本テレビは11月8日、同日発売の週刊文春が報じた「『イッテQ!』にラオス『橋祭り』やらせ疑惑」と題する記事についての見解を発表 内村自身、いまが潮時かと考えているのかも…」(同事情通) もちろん内村が降板するようなことがあっては番組存続はおろか、日テレとしても致命傷だ
今回のやらせ疑惑が出たことで、 過去にもやらせがあったのでは?と思う人も多いでしょう 最近の文春はなんなの?誰もハッピーにならないものばっかりで、嫌悪感しかないわ
コーナー企画に関しては、担当プロデューサー、局プロデューサー、考査部のチェックを受ける それにしても事実隠蔽はよくないですよね
やらせ疑惑を否定した 個人的には 正直に、本当に正直な気持ちを書きますが、別にどっちでも良くないですか? 変な正義感で追い詰めて袋叩きにしたところで、誰かに何かのメリットがあるとも思えない
90