南海 電鉄。

『開業五十年』p. そういう理由もあって、終戦後に難波営業局員主導で分離運動が起こり、1947年に -間を運営していた へ旧・南海鉄道の路線を譲渡する形で、 南海電気鉄道が発足した(このためとしての南海電気鉄道の設立日は高野山電気鉄道の設立日である1925年3月28日となっている) (明治44年) 難波 - 和歌山市間の全線完成
同じく浜寺公園 - 貝塚の電化に160万円増資 また、関西国際空港開港以前には、岸和田だんじり祭・春木だんじり祭の2日間、泉大津 - 羽倉崎間で臨時の普通列車を走らせていたことはある
「ニュース南海」『』2004年6月号、南海電気鉄道、2004年 車両 [ ] 「」を参照 車両基地 [ ] 南海線検車区• また、南海の各駅に広告が掲示されている「」のマークも、南海の旧社章をモチーフとしたものである
(の鉄軌道事業を継承 さらに分岐駅通過の特例として、南海本線と高野線との分岐駅である岸里玉出駅と、南海本線と加太線の分岐駅である紀ノ川駅には、いずれも優等列車が停車しないため(ただし後者は普通のほかに区間急行も停車する)、天下茶屋駅 - 岸里玉出駅間(の項も参照)と紀ノ川駅 - 和歌山市駅間(の項も参照)ではそれぞれ、重複(折り返し)乗車が認められている
ただ少子高齢化で鉄道依存型の多角化モデルが成り立たなくなる可能性があり、全く違う視点を取り入れた新規事業の立ち上げに迫られている 乗務員区所 [ ] 南海線列車区• (平成17年)• 南海本線樽井駅 - 尾崎駅間の男里川橋梁下り線が復旧し、上下線での運行を再開
「天空」(座席指定料金) 520 自由席車は料金不要 2012年4月1日にが全駅で導入されたが、大部分の駅では駅名標の改修は行われず既存のものにシールで貼り付ける形になっていた
52
- 南海発行のカード• (明治38年)• 4月1日 貴志川線を除く全線でを導入 関西国際空港に乗り入れる開業(ラインカラーは紫)
南海線で電車(2代)営業運転開始 南海線の各支線は「高師浜支線」というように「…支線」と称していたが、天王寺支線が廃止された1993年から空港線が開業した1994年頃より単に「…線」と呼ばれることが多くなった
共同代表の一人でグループ会社の商業施設の店舗管理運営を手掛ける松本恵さんは30年ほど前、バンドのメンバーとしてボーカルとギターを担当していた () - 戦時中統合されていた
コーポレートカラーも、緑色からファインレッドとブライトオレンジの組み合わせへ変更した なお、浪速電車軌道と(初代)阪堺電気軌道の路線については、1980年に南海子会社の(2代)へ譲渡された
将来的には、計画中の地下線である()が完成すれば、新難波駅(仮称)が自社管理下の地下駅となる ・などの子会社に関しても、導入時期は多少遅れながらもこのロゴマークを親会社に追随して導入している
7