麒麟 が くる 感想。

アキラとあきら• しかし菊丸(岡村隆史)に会った光秀は「しょせん、己1人の戦と思うておる」と穏やかで、「負けた時」のことも考えて家康への密書を託していました。

風間家康殿、伊賀越えお疲れ様でした。

二重生活• 少し極端な話をすれば、『暴れん坊将軍』や『水戸黄門』を見る時、その人物の史実にまつわる出来事や、実際に関連あった人物について、脚本がどこに視点を置き、どういう表現で描くのか、という事はほぼ気にしませんし、その事で作品を評価したりはしないでしょう。

『麒麟がくる』は「信長と光秀の物語」であったが、終盤になって光秀は徳川家康を強く信頼するようになっていた。

31 92 47