志村けん柄本明。

この人はどれくらいの腕なんだろうと、(志村が)腕試ししているような感じで。

そして、柄本さんが恐る恐る現場に行くと、そこで台本を渡されたそうですが、 台本に書かれていたのは、 電話して「ちょっとマッサージお願いしたいんですけど」って言う。

それもあり、俳優に憧れたとのこと。

笑いをやるには、すごい得な顔じゃないですか。

これからも多くのコントを志村けんさんと作り続けて欲しいですね! ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。

恐る恐る現場に行くと、台本に書かれていたのは冒頭の設定のみ。

役になりきった演技は迫力がありますね。

75

俳優・柄本明さんと志村けんさんとの関係や、アドリブが多いと言われる2人のコントの裏側についてスポットを当てます! 3月2日放送のNHK『ファミリーヒストリー』は、柄本明さん(68)のルーツに迫る内容です。

憎らしい政界のドン、柄本明が演じた箕部幹事長は、最後に生中継の会見で、半沢直樹(堺雅人)と白井亜希子大臣(江口のりこ)らによって不正な錬金術による裏金が暴かれ、逃げ道を断たれるとついに観念。

所々にボケとツッコみが小気味良く入ってきて、 ゲラゲラ笑うというよりクスっと笑えるあの作品が好きでした。

「あの芸者のネタ、実は僕の案なんです。

最初は設定だけのアドリブで、「地獄だった」と振り返ったこともあったが、その後は息ぴったりの関係となり、芸者コントなどを生み出した。