徒労 意味。

31
そう考えると、日本に噴水がないのも文化の伝統に則るものである。 まとめ 「徒労」は「徒労に終わる」「徒労に帰す」という言葉で頻繁に使われます。 1.を配布し、漢字の読み、語句調べ、段落分けを宿題にする。 自らの骨を折るような苦しい思いをしながら働いたのに、何の役にも立てなかったさま、努力が実らなかったさまを表します。 3.「鹿おどし」から受ける感じは。 3 「それ」の指示内容は。 (出典:大辞林 第三版). その時、筒の尻が石を打ってコーンという音が響きわたる。 * 水の東西 評論 山崎正和 「鹿おどし」がけだるさを感じさせる。 16 鹿おどし 愛嬌 筧 解けて 跳ね上がる 緩やかな 徒労 刻んで 静寂 17 噴き上げる 趣向 凝らして 添えもの 林立 19 乾いて 20 行雲流水 外界 現れ 間隙 極致 5.語句の意味を確認する。
42 89