比企 谷 八幡 ss バンドリ。

だから私もウソつくことくらいあるからさっきの発言もアテにしないでちょうだい」 八幡「なんか全てうやむやにされて言いくるめられてしまった気が……」 雪ノ下「たかが夢の話じゃない。

誰も傷つくことのなくみんなが笑える未来を。

キャラ崩壊してきてからずっと、 そのことばかり考えていたのかもしれない。

周りの女性陣がいろはのマネをし始めて・・・というお話。

118• そりゃこれから困難は色々あるだろう。

雪乃「おじゃまします…」 由比ヶ浜「おじゃましまーす」 八幡「おう…。

大志「姉ちゃんが嫁イビリされてるって聞いたんすけど」 八幡「え?」 八幡(『姉ちゃんに内緒で話がある』と大志から連絡があったのは今朝のことだ。

97
72 ID:IP2wMsuPO ・・・・・・・ 雪乃「……はい、これで一通り全体的に塗り終わったわよ」 八幡「ふう、軟膏のお陰で何だか爽快になった気分だ 絶対カッコイイと思うんだ
そのうえご家族にまでご迷惑をおかけしてしまって申し訳ないです 話が噛み合ってないと思う
……だってお前はウソつかないからな」 雪ノ下「!…………ここでそんなこと言うなんて、あなたやっぱりズルい……」 八幡「は?何がズルいんだよ 810 ID:fF2JEmJP0 八幡「どっちか選ぼうとするから苦しむんじゃないのか?」 結衣「!?」 雪乃「あら比企谷君、それはどういう意味かしら?」 八幡「いや、俺は由比ヶ浜か雪ノ下どちらかを選ぼうとしているから、苦しい思いをしているんだ
今の話は忘れて』スタスタ 大志『あ…………』 大志「…………ってことがありました」 八幡「マジか…………」 大志「姉ちゃんは酔ってる時の記憶ってあんま残らないから次の日からはケロっとしてましたけど、俺はどうにも忘れられなくて あなたみたいな子が来てくれたんだからそれで充分よ
勝手にプレッシャー感じて一人でストレス溜めちゃってたからね……ちょっと生理不順になっちゃってるし…………でももう大丈夫 」 八幡「俺が主張したいのはここなんだ
吐き気か!?) 八幡「だ、大丈夫か沙希!? やっぱり体調良くないのか? 病院行くか?」 沙希「八幡、その、気のせいかもしれないけど…………」 八幡「何だ、どうした!?」 沙希「あ、あたし、今、酸っぱいものが欲しい気がする…………」 八幡「え…………」 大志「それって」 京華「まさか」 八幡(休日もやってる近所ので見てもらったところ、やはり沙希は妊娠していた お兄ちゃん怖いよ
34
その行為をしてしてしまえば全てが壊れてしまうわ 新しい本物を
そんなことがあるはずがない」 八幡「だいたいどうして俺はの前に?いや、そもそもその前俺は……」 八幡「記憶が、ない………………あ」ハッ ガバッ 雪ノ下「……やっと目が覚めたようね、比企谷君」 八幡「……部室か 番外編 2018年03月29日 木 21:53 改 2018年04月03日 火 23:28 改 2018年05月10日 木 00:00 改 2018年08月12日 日 14:01 改 2018年08月17日 金 00:00 2018年05月10日 木 12:00 改 2018年05月23日 水 16:48 改 2018年05月30日 水 12:00 2018年05月11日 金 12:00 改 2018年05月26日 土 12:00 改 2018年05月31日 木 16:00 2018年08月04日 土 21:08 改 2017年09月22日 金 21:48 改 2017年09月23日 土 22:59 2017年09月24日 日 23:24 設定 2017年01月26日 木 08:53 改 2017年09月22日 金 22:33 改 2018年04月06日 金 17:37 本編 2017年01月26日 木 08:54 改 2017年01月26日 木 16:04 改 2017年01月26日 木 21:22 改 2017年01月27日 金 10:28 改 2017年01月28日 土 00:48 改 2017年01月28日 土 13:02 改 2017年01月29日 日 00:00 改 2017年01月30日 月 15:54 改 2017年01月31日 火 00:00 改 2017年02月01日 水 00:00 改 2017年02月01日 水 22:33 改 2017年02月02日 木 20:35 改 2017年02月03日 金 20:00 改 2017年02月04日 土 14:40 改 2017年02月05日 日 00:41 改 2017年02月05日 日 19:49 改 2017年02月06日 月 21:56 改 2017年02月07日 火 21:53 改 2017年02月08日 水 19:57 改 2017年02月09日 木 17:21 改 2017年02月10日 金 20:25 改 2017年02月11日 土 21:42 改 2017年02月12日 日 17:44 改 2017年02月13日 月 00:00 改 2017年02月14日 火 00:00 改 2017年02月14日 火 23:04 改 2017年02月15日 水 18:53 改 2017年02月16日 木 20:44 改 2017年02月17日 金 22:50 改 2017年02月19日 日 00:00 改 2017年02月19日 日 21:23 改 2017年02月20日 月 21:48 改 2017年02月21日 火 21:20 改 2017年02月22日 水 18:51 改 2017年02月23日 木 14:36 改 2017年02月24日 金 00:00 2017年02月24日 金 23:15 改 2017年02月25日 土 20:36 改 2017年02月26日 日 21:00 改 2017年02月27日 月 23:19 改 2017年02月28日 火 21:12 改 2017年03月01日 水 23:00 改 2017年03月02日 木 18:12 改 2017年03月03日 金 22:33 改 2017年03月04日 土 21:18 2017年03月06日 月 19:00 改 2017年03月07日 火 22:47 2017年03月08日 水 22:47 改 2017年03月09日 木 14:44 2017年03月09日 木 20:00 改 2017年03月10日 金 14:04 改 2017年03月11日 土 20:20 改 2017年03月13日 月 15:26 改 2017年03月14日 火 00:00 2017年03月14日 火 15:42 2017年03月15日 水 00:00 2017年03月15日 水 23:01 2017年03月16日 木 14:45 改 2017年03月16日 木 23:01 改 2017年03月17日 金 12:12 改 2017年03月17日 金 16:44 改 2017年03月17日 金 23:10 改 2017年03月18日 土 22:57 改 2017年03月19日 日 21:13 改 2017年03月20日 月 22:34 改 2017年03月21日 火 18:00 改 2017年03月22日 水 13:24 改 2017年03月23日 木 00:00 改 2017年03月23日 木 01:19 2017年03月23日 木 16:52 改 2017年04月06日 木 22:13 改 2017年04月07日 金 20:44 改 2017年04月08日 土 20:51 改 2017年04月10日 月 00:00 改 2017年04月11日 火 00:00 改 2017年04月12日 水 00:00 改 2017年05月02日 火 21:00 2017年05月03日 水 22:19 改 2017年05月04日 木 22:00 2017年05月05日 金 18:04 改 2017年05月06日 土 19:50 改 2017年05月07日 日 20:32 2017年05月08日 月 14:57 2017年05月09日 火 00:00 改 2017年05月09日 火 23:00 改 2017年05月10日 水 21:50 2017年05月11日 木 22:43 2017年05月12日 金 21:11 改 2017年05月13日 土 15:43 改 2017年05月14日 日 00:00 改 2017年05月14日 日 20:29 改 2017年05月15日 月 15:20 改 2017年05月19日 金 22:15 改 2017年05月22日 月 00:00 改 2017年05月24日 水 00:00 改 2017年05月26日 金 00:00 改 2017年05月27日 土 21:49 改 2017年08月16日 水 13:44 改 2017年08月17日 木 21:00 改 2017年08月18日 金 14:43 2017年08月19日 土 19:52 2017年08月20日 日 15:16 改 2017年08月21日 月 23:03 2017年08月23日 水 00:00 改 2017年08月23日 水 20:39 2017年08月24日 木 23:32 2017年08月25日 金 19:56 2017年08月26日 土 21:56 改 2017年08月27日 日 18:34 2017年08月28日 月 21:16 2017年08月29日 火 14:09 2017年08月30日 水 12:29 改 2017年08月30日 水 21:30 2017年08月31日 木 21:58 2017年09月01日 金 22:36 2017年09月02日 土 21:00 改 2017年09月03日 日 22:14 改 2017年09月04日 月 22:45 2017年09月05日 火 19:02 改 2017年09月06日 水 18:44 2017年09月07日 木 00:03 改 2017年09月07日 木 21:21 改 2017年09月08日 金 10:47 2017年09月09日 土 00:29 改 2017年09月10日 日 00:00 2017年09月10日 日 22:26 2017年09月11日 月 22:37 改 2017年09月12日 火 16:05 改 2017年09月13日 水 00:00 改 2017年09月13日 水 19:00 改 2017年09月14日 木 00:00 改 2017年09月14日 木 18:42 2017年09月15日 金 17:45 2017年09月16日 土 21:12 2017年09月17日 日 20:47 改 2017年09月18日 月 18:23 2017年09月19日 火 19:43 2017年09月20日 水 22:14 2017年09月21日 木 22:13 2017年09月25日 月 22:09 2017年09月26日 火 22:26 2017年09月27日 水 23:03 2017年09月29日 金 16:57 改 2017年10月01日 日 21:00 改 2018年03月21日 水 00:00 2018年03月22日 木 00:00 2018年03月23日 金 00:00 2018年03月23日 金 21:31 2018年03月24日 土 15:43 改 2018年03月25日 日 18:00 改 2018年03月26日 月 21:33 2018年03月27日 火 20:00 改 2018年03月28日 水 22:35 2018年03月30日 金 00:00 2018年03月30日 金 21:10 2018年04月02日 月 22:54 2018年04月05日 木 00:00 2018年04月05日 木 20:00 2018年04月07日 土 08:51 2018年04月08日 日 22:00 2018年04月09日 月 22:00 2018年04月11日 水 00:00 改 2018年04月11日 水 20:42 2018年04月13日 金 00:00 2018年04月14日 土 00:00 2018年04月14日 土 19:00 改 2018年04月15日 日 00:00 2018年04月15日 日 20:00 改 2018年04月16日 月 00:00 2018年04月17日 火 00:00 2018年04月18日 水 00:00 2018年04月19日 木 00:00 2018年04月20日 金 00:00 2018年04月21日 土 00:00 2018年04月21日 土 14:35 2018年04月22日 日 00:00 2018年04月23日 月 00:00 2018年04月24日 火 00:00 2018年04月25日 水 00:00 2018年04月26日 木 00:00 改 2018年04月27日 金 12:00 2018年04月28日 土 00:00 2018年04月28日 土 13:00 2018年04月29日 日 00:00 2018年04月29日 日 20:00 2018年04月30日 月 00:00 2018年05月01日 火 00:00 2018年05月01日 火 12:00 2018年05月02日 水 00:00 2018年05月03日 木 00:00 2018年05月03日 木 21:00 2018年05月04日 金 00:00 2018年05月04日 金 18:00 改 2018年05月05日 土 00:00 2018年05月06日 日 00:00 2018年05月07日 月 00:00 2018年05月08日 火 00:00 2018年05月08日 火 21:00 改 2018年05月09日 水 00:00 改 2018年05月09日 水 19:55 改 2018年05月11日 金 00:00 2018年05月12日 土 00:00 2018年05月13日 日 00:00 2018年05月14日 月 00:00 2018年05月15日 火 00:00 2018年05月15日 火 12:54 2018年05月16日 水 00:00 改 2018年05月17日 木 00:00 改 2018年05月18日 金 00:00 2018年05月19日 土 00:00 2018年05月20日 日 00:00 2018年05月21日 月 00:00 2018年05月22日 火 00:00 2018年05月23日 水 00:00 2018年05月24日 木 00:00 2018年05月24日 木 17:48 改 2018年05月25日 金 00:00 2018年05月25日 金 12:00 2018年05月26日 土 00:00 2018年05月27日 日 00:00 2018年05月28日 月 00:00 2018年05月28日 月 12:00 改 2018年05月29日 火 00:00 改 2018年05月29日 火 12:00 改 2018年05月30日 水 00:00 改 2018年05月31日 木 00:00 2018年05月31日 木 12:00 2018年06月01日 金 00:00 2018年06月01日 金 12:00 改 2018年06月02日 土 00:00 2018年06月02日 土 12:00 2018年06月03日 日 00:00 改 2018年06月03日 日 12:00 2018年06月04日 月 00:00 2018年06月04日 月 12:00 改 2018年06月05日 火 00:00 2018年06月05日 火 12:00 改 2018年06月06日 水 00:00 改 2018年06月06日 水 12:00 2018年06月07日 木 00:00 改 2018年06月07日 木 12:00 改 2018年06月08日 金 00:00 2018年06月08日 金 12:00 改 2018年06月09日 土 00:00 2018年06月09日 土 12:00 改 2018年06月10日 日 00:00 2018年06月10日 日 12:00 2018年06月11日 月 00:00 改 2018年06月12日 火 00:00 2018年06月12日 火 12:00 2018年06月13日 水 00:00 2018年06月13日 水 12:00 改 2018年06月14日 木 00:00 2018年06月14日 木 12:00 2018年06月15日 金 00:00 2018年06月15日 金 12:00 改 2018年06月16日 土 00:00 2018年06月17日 日 00:00 改 2018年06月18日 月 00:00 2018年06月19日 火 00:00 2018年06月19日 火 12:00 2018年06月20日 水 00:00 2018年06月20日 水 12:00 2018年06月21日 木 00:00 改 2018年06月22日 金 00:00 2018年06月23日 土 00:00 改 2018年06月23日 土 12:00 2018年06月24日 日 00:00 2018年06月24日 日 12:00 2018年06月25日 月 00:00 2018年06月25日 月 12:00 2018年06月26日 火 00:00 2018年06月26日 火 12:00 改 2018年06月27日 水 00:00 2018年06月27日 水 12:00 2018年06月27日 水 16:01 改 2018年06月28日 木 00:00 後日談 2018年06月28日 木 10:00 2018年06月29日 金 00:00 2018年06月29日 金 09:00 改 2018年06月30日 土 00:00 2018年07月01日 日 00:00 2018年07月04日 水 16:04 改 2018年07月30日 月 00:00 2018年07月30日 月 23:10 改 2018年07月31日 火 23:16 改 2018年08月01日 水 21:56 2018年08月02日 木 22:10 2018年08月03日 金 23:20 2018年08月05日 日 22:15 2018年08月06日 月 16:11 改 2018年08月07日 火 22:47 2018年08月08日 水 22:41 改 2018年08月10日 金 00:00 2018年08月11日 土 00:00 2018年08月11日 土 12:00 2018年08月12日 日 00:00 2018年08月14日 火 22:28 2018年08月16日 木 00:00 2018年08月18日 土 00:00 2018年08月19日 日 00:00 2018年08月20日 月 00:00 2018年08月20日 月 21:00 2018年08月23日 木 00:00 2018年08月26日 日 19:55 2018年11月18日 日 20:48. なぜそんなものあるかと思われるかって? 下卑た腐った目をしているからだろ多分
悩み事だってなんだって分かち合うものなんだよ」 沙希「うん、ごめん…………勝手なことしちゃって…………これからは相談するね」 八幡「おう それにいつも手の掛かる八幡の世話をしてくれてるんだからウチに来たときくらいはゆっくりしてくれ』 沙希「…………みたいな」 八幡「ええー…………俺ってそんなに手が掛かるかあ…………?」 京華「いや、突っ込みどころはそこじゃないでしょ!」 大志「いい人じゃん! ご両親ともめっちゃいい人じゃん!」 沙希「だ、だから言ったでしょ
一度狂い始めた歯車はそのまま二度と元には戻らないわ 八幡が1年間限定で渋谷凛のプロデューサーになるというクロスオーバーSSです
」 やはり俺は雪ノ下雪乃の思考をいまだ掴めないでいる ちょっと赤羽根Pに匹敵するプロデューサー力なんだけど
突然来ちゃって」 沙希「いいよ別に 979 ID:fF2JEmJP0 八幡「すでに俺は2人の人間を愛してしまっている
01 ID:1OukvSBZO 雪乃「その言い方だと、今まで通り私の毒を浴び続けたいですという願望として捉えていいのかしら、マゾ谷くん」 八幡「誰がマゾだ 雪ノ下雪乃はこう提案する
喫でいい歳した大人が女子高生にぶたれてわんわん泣く姿を見たいのか? 警察を呼ばれた上に俺が捕まるぞ? その振り上げた拳を下ろすんだ」 京華「そりゃ見たくないけど…………」 大志「というか今の感じだとお兄さんは何も知らないみたいですしね 沙希に直接聞く」 大志「え」 八幡「あいつの問題は俺の問題だ
そりゃこれから困難は色々あるだろう そうそう、この前旅行先で美味い干物を見つけたんだ
31