アトマイザー ロールオン。

92 70

アトマイザーに詰め替えてからも、 香りを長く新鮮に保つことができますよ。

クイックタイプで手軽に詰め替えることができますが、 詰め替え時に香水アトマイザーと香水容器の接触部分に液体が少し残る傾向があったため注意が必要です。

メタルキャップと半透明のフロストガラス容器の組み合わせが、高級感のある上品なデザインです。

しかし、朝付けた香水の匂いは数時間後には消えてしまうもの。

缶ケースだと、万が一アトマイザーの中身が漏れ出ていた際にも、布ポーチなどのように染み込むことなく水で洗い落とすだけでOKです。

サイズはかなり小さめなので、劣化の心配もなくすぐに使い切れますよ。

一見高い商品に見えますが、一度本体を買ってしまえばあとは 格安のリフィルセットを買い足すだけでさまざまな香水に使い回せるため意外とコスパも良好です。

そこで今日はアトマイザーの歴史や特性、選び方など余すことなくご紹介させていただきます。

香水をいれる他に、ロールオンタイプなので虫刺されのかゆみ止め液などを入れておけば、患部に塗る時にも重宝します。

21