煽り運転 通報。

「相手が煽りたくなるような運転をしない」ことで、あおり運転の被害にあう危険を少なくすることも大切です。

煽られたら冷静に!!といえども、パニックになっていたら記憶が飛んでしまうこともあります。

また、には、という、事故や急病時などの緊急事態が発生したときに、救助要請できるボタンが備わっている場合があります。

あなたの無実の映像と音声記録、そう ドライブレコーダーです。

しかし、その時は場所を移動してしまったうえ、時間も経過していました。

なぜなら、ナンバーのみでは車の所有者の情報を第三者が安易に照会したりはできないため。

ムカッときた気持ちを晴らすことはできますが、本当に 危険運転による事故を抑止したいのであれば、警察への通報が一番効果的でしょう。

実際に危険な車を通報してみた話 あおり運転被害に遭った時の対応手順 危険ではないけどお行儀が悪い運転の違法性を検証する「これって違反?」シリーズ. 110番以外の通報先はこちらがお薦め なかなか110番への通報に踏み切れない場合には、 「 9110」に電話をしましょう。

同じ車両に関する通報が増えれば、更に強い警告をしたり、通報の内容をもとにパトロールをすることもできるのではないでしょうか。

警察官もあなたがなんの落ち度もなければわざわざ相手も警察まで呼ばないだろうと思うからです。

87
今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。 広島県限定ではありますが、「あおり運転BOX」という、あおり運転の情報提供を受け付けるための窓口を開設しています。 以下は警察庁のHP()からの引用です。 本日、煽り運転を受けました。 通報先は 110番にしようかとも思いました。 まとめ ネット上では、 煽り運転への色々な考えや対策方法が話されていますが、 結局一番賢いのは 「ドライブレコーダーを車に装着、その場面に遭遇したら車から出ずにすぐに通報」 いろいろ調べた結果 これがベストだと言っても良いのではないでしょうか? 煽り運転関連記事 スポンサーリンク. あおり運転を証明するのは第三者ですから、自分に非がない(=あおり運転をしていない)と確信しているのであれば、ドラレコ映像を提出したあとは警察に判断を委ねましょう。
ドライバーに対する注意すらできないそうです。 少し混雑した道だったため、まずはそのまま走って安全な場所まで移動しました。 走行中にパトカーに止められるケースもあります。 そもそも煽り運転、危険運転ってどんな運転なの?! 以下のとおり、簡潔にまとめておきます。 あなたも煽り運転をされて不快な思いをされたことがあるのでは?そんな時とっさに何かの対処をしようと思っても、せいぜい道を譲る位しか思いつきませんよね。 追越車線を使って前の車を追い抜いたら、すぐ元の車線に戻りましょう。 例えば車間距離ですが自分の感覚では普通でも相手からしたら「 距離を詰めすぎだ、何煽ってんだよ」となるかもしれません。 前方車両に対して、衝突するような距離まで車間を詰め、道を譲るよう強要する• あおり運転にあわないための対策 チューリッヒ保険会社が行ったドライバーへの実態調査により、あおり運転をされた経験がある人の割合は70%以上であることがわかりました。 私の説明で、警察側もそれは理解したと思います。 カテゴリー• たとえ有力な証拠・情報があっても、間接的な証言では、なかなか信用してもらえないのも事実。