青陵 中学。

98
1995年現校名と共に共学化、学校改革を推進 江東区• 千葉市• 富士見市• 本校のマスコットキャラクター「ふたばさん」が、青稜での学校生活、さまざまな行事についてご案内します
- 、ミュージシャン• 高校進学• 教育方針 1. 【内容】 ・各分野から均等に出題されます (英語教師) 脚注および参照 [ ] []• さらには自学自習の習慣を定着するための「Sラボ」、火曜日放課後を全校を挙げての「質問の日」(個別学習の日)を実施することで習熟度にばらつきをつくらないようにするなど、きめ細かい配慮をしている
校内での使用は原則不可 松戸市• 鶴見区• 町田市• 「社会に貢献できる人間の育成」を建学の精神とし、「意志の教育」、「情操の教育」、「自己啓発の教育」を行っている
【受験】 募集は帰国生を含め200名程度です 小平市• 特待生制度あり
立川市• 基礎5教科の授業数を厚くし、英語は少人数制授業を導入 施設設備 体育館、多目的ホール、40席の自習室がある図書館、生物系・物理化学系2つの理科実験室、CAI教室、調理室、茶室など最新の設備が完備されている
2020年中学入試は1A. このページは旺文社『』から掲載しています 髪の長さは耳や眉毛にかからない程度とされてある
中学は、多様性を考慮した、手厚く楽しい授業を これは原則月曜日(月曜日が休日の場合は別の日に変更される)に設定され、各教室に教員が配置され、生徒は各自教室に赴いて自由に教員に質問をすることが出来る
73