新型 s クラス。

メルセデス専用の「MO」マークに「S」が付き「MO-S」。 従って数字が大きくなるにつれて最高出力は高くなりますが、数字とエンジン出力の直接的な比例、関係性は明らかにされていません。 なぜ車体でもパワートレインでもなくあえてインテリアからだったのかは、今回から大型縦型タッチスクリーンを用いたディスプレイの採用など、従来よりも一層、先進性が強調された新型のそれを見れば確かに理解できる……と、当時は思っていたのだが、実際に日本に上陸したクルマに乗ってみると、なるほどこのインテリアこそ新型Sクラスの大変革の象徴だったのだと改めて気づかされることになったのだ。 いよいよというべきか、ついにというべきかW140時代から慣れ親しんだ(?)、V12搭載モデルが消え、V8エンジンが最上位となる時代がやってきてしまった。 「レベル3」日本のモデルにはまだ採用されず 新型Sクラスはヨーロッパでレベル3相当の自動運転システムが搭載される予定というアナウンスがあったが、現状日本に入ってくるモデルにはまだそれは採用されていない。 この2桁の数字はもともとはエンジン自体の出力に応じて決められていました。 V12のエンジンは通常のSクラスモデルからは完全に削除され、最高級のマイバッハバージョンのみに用意される。 S500シリーズのガソリンISG搭載車には電動のターボチャージャーが搭載され、また電気系統には48Vのシステムが導入されるなど先を見越したシステムとなっている。

同年9月からドイツで受注を開始し、12月から販売する。

その内容は予想通りのもので、メルセデスベンツSクラスだから当たり前だとはいえ、細かい部分を除けば、おおよそ文句のない一台であろうということは想像がつく。

こうしたおもてなしテクノロジーもSクラスならではでしょう。

また、コネクテッドサービスのMercedes meと組み合わせることにより、専用のインフラを備えた駐車場においてレベル4の自動運転(無人運転)による駐車機能も利用できる。

48ボルトまたはプラグインハイブリッド 将来的には、メルセデスはS 65を継続することを考えているため、S 63がSクラスのトップモデルとなる。

長い車名「AMG S63 EQ Performance 4MATIC+」が有力、805psのモンスターサルーンへ 次期新型 メルセデス・ベンツ Sクラス プロトタイプ(次期新型「S63」ではありません) パワートレイン は、603psを発生するV型8気筒4. この辺りは今後の自動運転化を見越して国内の様々な基準に準じ合わせ込まれていくといえる。

MBUXのインフォテインメントシステムの他、運転支援システムなど50種類の電子コンポーネントは、ユーザーの同意の下で無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)によって更新可能とした。

96
オプションの内容はAMGラインが99万8000円、リヤコンフォートパッケージが125万円、ARヘッドアップディスプレイ41万円、3Dコクピットディスプレイ13万円といった装備が追加されています 今、次世代のS 63の到来が現実味を帯びてきた
これはWLTCモード燃費として公表されている数値に極めて近く、カタログ燃費の再現性が高いものであったということも分かる 「すでにF1では再生可能エネルギーを使った合成燃料でレースを行うという話が出てきています
しかも新型には、後輪操舵機構が搭載された メルセデスはDX(デジタルトランスフォーメーション)を使って、人間中心のモノづくりをしているわけです」 一方で、インターネットとつながることは危険性もはらんでいると清水氏は説明する
これはピラーをはじめとするボディの構造部材の中空部分に発泡ウレタンを注入したことや空力を徹底的に見直したことによる風切り音の減少の効果もあるだろう 従来型から50mmも延びた3215mmのホイールベースをもったロングボディでも、ステアリング・ホイールを切ったとき、アクセルペダルを踏んだとき、あらゆる操作に対してクルマの動きは俊敏だ
が、S400dシリーズはクリーンディーゼルターボエンジンが搭載されているのみで、それ以外はISGなどの電動化技術は採用されていない 一方で腰から下、つまりフロア付近の微振動は旧型とほぼ同じようなレベルで残存していた
「やっぱりSクラスだよな」 わずか数メートル走っただけで、そのすべてを感じとったかのように清水氏はつぶやいた ひとつ目は電動化対策である