ロシア 睡眠 実験。

イワノフの死をもって、半人半猿計画は実現されることなく、闇に葬られることとなった… 現代なら半人半猿は誕生するのか? このように、半人半猿軍隊を創設するという計画は、とても不気味な実験であった…が、そもそも、この計画は本当に実施されていたかどうか、はっきりしていないようだ。 最後の一人が射殺される前、ある研究者が「お前らは何なんだ!」と叫んだ。 彼は、その半人半猿計画を快諾し、実現のため奔走し始める。 Source: 科学者たちは実際に、人間が睡眠をとらないとどんなことが起こるのか? 研究をつづけてきた。 「お前は何者なんだ!」 彼は答えを要求した。 評価 [ ] ()のジョッシュ・ミリカン 英: Josh Millican はロシア睡眠実験を、最も衝撃的で影響力があるインターネット時代の都市伝説の1つと評した。 そして主任研究者は恐怖のあまり、被験者にむけて発砲した。 双子は年齢と性別によって分けられ、実験の合間はバラックに収容されており、異なる薬品を双子の目から注入して色の変化があるかどうかを確認したり、双子を文字通り縫い合わせてを作ることが試された。 YouTubeに投稿。
53
「睡眠不足で死に至るメカニズム」が解明される、死を避けるために必要なものとは? この記事はなが全く示されていないか、不十分です 」 とマイクを通して被験者に言い放った
この論文は人種は顎の形によって識別が可能であることを提起していた あとは実験を開始するだけ…!と思った矢先の1929年、連れ帰ってきたチンパンジーが病気で死んでしまった
生き残りの被験者が、すぐにガス室を密閉しろと叫んだ 「お前たちは一体どうなってしまったんだ、教えてくれ!」 被験者は答えました
彼の脳波はすぐに深い睡眠の脳波に変わり、その後彼の心臓が同時に止まると最後にフラットラインになった 9日目 ここから急変する
部屋の中から音がなく3日が過ぎました 研究の場所にアフリカを選んだことには理由がある
一説によれば中から「僕たちはもう解放されたくない」なんて声が聞こえたといわれています 結果、インターホンを用いてそれ以上の応答が無かった場合、15日目の深夜にチャンバーを開放することになった
15日目の真夜中 部屋を開けるために、ガス状の覚せい剤を新鮮な空気で中和し始めました 動物に注射すればたちまち眠ってしまうし、コーヒーなどの刺激物は、アデノシンをブロックすることで覚醒効果をもたらすのだ
2010年8月にCreepypastaに登場した後に、インターネット上に広まったフィクションである 1,000人以上がこれらの実験に動員され、その半数以上が死亡した
新聞はこぞって彼の挑戦の進展を書き立てた 声を出すことができない被験者は足を拘束しているレザーバンドを思いっきり緊張させた
言う通りにしなければ撃つ というか眠れなくなる -- 名無しさん 2020-12-16 05:39:20• この様子はマジックミラー越しに観察され、その被験者たちの会話も録音されたといいます
76