終末 の ワルキューレ ポセイドン。

老体なゼウスとは対照的に整った顔立ちの美青年として描かれる。 呂布は人間ながら凄まじい猛者だったため、トールはかつてない好敵手と認めて奮戦し、 勝利。 呂布や坂田金時など、戦いの逸話が残る闘士なら納得ですが、ノストラダムスやニコラ・テスラとなると完全に 文化系偉人なので、彼らが「最強」を競う最終闘争で、どのような活躍をするのかまったくの未知数。 神器練成による神器の能力の強さを唯一可能にする方法である 「」が仏界の物であることからロキから裏切り者と疑われるが、本人もそれを否定しなかった。 佐々木小次郎の二天岩流に対し、ポセイドンはただ小細工なしの力勝負で迎えた。
82

ヘラクレスは試合に 負けたものの、その心は最後まで英雄の純真さと誇りを貫き、ジャックの人間的な成長につながります。

すぐそこまで届くかのように思えた人類の願いは、またしても神の御業によって破られた。

これは佐々木小次郎とセットで語られるなかなか有名な技ですね。

小次郎自身が作り上げた像と頭の中で何度も闘い、相手の攻撃パターンもすべて把握していました。

これが小次郎の能力。

アレスが「お、おま、なんてことを」「天界を分断する戦いになっていたかもしれんのだぞ」と焦りまくると、ヘルメスは「それも面白いかなぁと思ったんですけど、ゼウス様も楽しんでおられたみたいですし」と笑いながら返していく。

攻撃を受けて膝をつくも、傷を抑えながら立ち上がろうとする佐々木に対し、 ポセイドンは言葉を発したのです。

98