ここ から が 本当 の 夢 芝居 だ。

のものはてらてらとを帯び、上下を繰り返す度に富美男の唾液とのが混じり合った、ひどく性的な液が滴り落ちる。

程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

あまりの気持ち良さに、命の感がぐぐぐっとするのを感じる。

コピペ全文 梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ…… 俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」 富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。

屈強必然な外見には似つかわしくない、千年先のの動きを予知したとされる、かの書よりも正確で美術価値の高いな舌使い。

37 ななしのよっしん. 時を経ずして仕上げだ。

のものはてらてらと7万はくないとされるを帯び、上下を繰り返す度に王を投し即位した富美男の液《》とのが混じり合った、ひどく性的な液が滴り落ちる。

「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったたい…」 富美男「…ゴクン……はあっはあっ…てめぇこん野郎!こぎゃんにも一杯出しやがって野郎…ん中やねえか…!!…まばい出したりねえよな?」 「…富美男にはどいでんお見通しか。

71

22 ななしのよっしん. 梅沢富美男「はぁ…はぁ…てめぇこの野郎…今夜何発出してんだ、えぇ?」 俺「4発目だな…富美男のア〇ルが気持ち良すぎるから…。

省略しています。

次の瞬間、富美男の顔が目の前にスッとやってきて、俺の唇を貪る。

まるで子犬がミルクを飲むように。

だからまだ出すんじゃねぇ。

じゅるじゅると舌が絡む淫靡な音が部屋の中を覆う。

まで立ったのものな、のどいでんば富美男の口内に解き放つ。

梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。