天城 燐 音。

そして許せないこのモヤモヤとか、アイドルに抱いてきた全ての感情を丸ごと押し付けることにした。

何時も自身の運 というよりは勘と読み を試していて、その日の昼食など細かなこともコイントスで決める。

毒でもなく、麻薬でもなく、もはや呪いだ。

何より曲がイイ。

ユニット内のコンセプトはわりと正反対で、楽曲の世界観も真逆に感じられる。

同じ4人編成。

まぁ、それが一番辛いんですが。

アイドルは毒。

このユニットも同時期にデビューさせ、事務所は一緒ですがCDを出すレコード会社が別々。

それを感じ取っていたからこそ、HiMERUは5章のあの状況下でも燐音に対し 「あなたは確かにアイドルでしたよ」と天城燐音というアイドルを肯定する言葉をかけてくれたんだろうな・・・って。

私は正しくアイドルの姿を楽しめているのか。

お前に盲目的にさせろ。

楽しむ姿を見せてほしい。

しかし推すと決めたのは私なので。

推しに抱いている気持ちが間違っているかどうかなんてわかりません。

明るく気前が良い性格だが、浪費家で横暴なところがある。

(リンク先は腐向けタグではないので注意) 関連タグ 関連記事 親記事. 忘れもせん。

コズプロの「問題児」から結成した「」のリーダーだけあって、ユニットのクレイジーとその他問題児要素の大半がこの人由来。

69