フーミー アイブロウ。

逆に、 レディモーブはメイクの最後あたりで使う傾向にある いい感じのパープルなので、ばっちり主役を張れます
腕スウォッチから アイシャドウやリップなどメインの部分を済ませてから、最後に眉でバランスを取る
つづいて再び眉頭にブラシをセット このように2周ラインを引いただけでびっくりするほどきれいな眉毛が完成している・・・・! もしもムラになっていたり、綺麗に引けてない個所があったらここから微調整します
一番下の明るいベージュはパールがきらめいている いま思い出したけど、 仕上げにパレット真ん中のオリーブグレーを全体に重ねることが多いかも
こちらも、レディモーブと同じように、メイクでは最後に使うことが多いかな フーミーは全6色、セルヴォークは全7色展開です
わたしのうっすーいアイブロウパウダー経験から言うと、アイブロウパウダーとしては平均的な固さかな?と思います 筆先は自由自在に曲げることができるので、フィットする角度を見つけてくださいね
そして眉頭描き忘れてる かなり 眉になじみのいい色です
53

日によってまちまちですね。

redy mauve• WHOMEE(フーミー)「アイブロウパウダー」使い方 STEP1.付属のブラシの細い方で右端又は真ん中のアイブロウパウダーを混ぜ合わせ、眉頭から眉尻に向かってローマ字の「Z」を描くようにジグザクとブラシを動かし、パウダーをのせていきます。

こちらは左の明るいブラウンだけを使ったバージョン。

【WHOMEE】フーミーアイブロウパウダーの使い方を詳しく伝授! WHOMEE(フーミー)の「アイブロウパウダー」の特徴は、パレットの左端のカラー。

あとはさっきと一緒。

太く硬めのブラシで、色を乗せたい場所にトントンと置くだけと、使い方も簡単。