武田 製薬 コロナ。

54 47
米メルクは米リッジバック・バイオセラピューティクスと提携し、抗ウイルス薬モルヌピラビル(開発コード・MK-4482)を開発中 そのタイミングで改めて武田薬品・アステラス製薬の今回の方針について検証してみようと思います
武田薬品は、70年にわたり、人々の健康を守るため日本でワクチンを供給してきました 私たちAtlasの社員や講師、そして会員も接種に懸念を持っています
業務効率を重視したアステラス製薬 感染リスクが低そうな地域に限り、医療機関への直接訪問を可能とする 2020年8月にその概要が発表され、勤続年数が3年以上で30歳以上の国内ビジネス部門の所属社員が対象となった
研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています 海外データでの国内申請時期や、承認取得が見込まれる時期は開示していないが、「可能な限り早く申請したい」としている
もう片方のグループには、レムデシビルと、見た目は製剤と区別がつかないが薬効のない偽薬を点滴し、重症化を防ぐ効果があるかなどを調べる 個人的にはアステラス製薬のような形でMR活動をしたいところです
ロシュは米アテアと、ウイルスRNAポリメーラーゼを阻害する作用を持つ経口の抗ウイルス薬を開発しており、軽症から中等症の患者を対象にP2試験を実施中 この結果を受け、武田などは免疫グロブリン製剤の開発を断念しました
71