はしご 水平 救助 第 1 法。

一 指揮態度を厳正にし、常に指揮に便利でかつ隊員を掌握できるところに位置すること。 第10図の2 マンホール救助器具各部の名称及び定位 本条. 旧一九条. けが人が腰の骨を折ったと判断し、 応急手当てをしたあと、担架に固定しました。 一 待機線 隊員があらかじめ機械器具の点検を行い、服装を整え、待機する線をいう。 追加〔昭和六三年一二月消告六号〕 (送排風機による送(排)風の準備) 第三〇条 送排風機による送(排)風の準備を行うには、次の号令及び要領による。 一 指揮者は、「送(排)風始め」と号令し、操作状況を確認して「送(排)風やめ」と号令する。 追加〔昭和六三年一二月消告六号〕 (大型油圧救助器具の操作の種別及び要領) 第四二条 大型油圧救助器具の操作を分けて、拡げ操作、押えつけ操作、引張り操作及び切断操作とする。 」 消防学校さんは、鉄ですな。 ラダーレスキューシステムズとは? まず、ラダーレスキューシステムズ? と言われても、わかりづらいですよね。
82
まず、隊長と1番隊員が空気呼吸器を着装の上、要救助者のいる低所空間の環境を確認する為に先行して現場に接近します 追加〔昭和六三年一二月消告六号〕、一部改正〔平成一一年九月消告九号〕 (酸素呼吸器本体の着装) 第二一条 酸素呼吸器本体を着装するには、次の号令及び要領による
三 おさめ 両手又は旗を頭上で交差させる その結果、要救助者の意識状態が悪く自力歩行が困難と判断し、吊り下げての救助が必要となりました
救出できる高さは 7mもしくは8mですな 2 この基準において、前後左右とは、車両にあつてはその前進する方向を、その他の機械器具にあつては隊員の前進する方向を基準とする
低所での救出活動と並行して、地上に残った隊員が救助ロープの準備を行います 」 あとね
七 隊員は、指揮者の指示及び命令並びに各操作に際し、確認の呼唱及び復唱を明確に行うこと 三 号令は、明りように唱え、命令及び指示は、簡明適切に行つて隊員に徹底させること
19