可視化 意味。

つまりは、目には見えない資産の現状を把握することで、組織戦略の実現のために必要な状態とのギャップの有無を確認・共有し、ギャップがあればそれを埋めるためのプランを策定し、目標に向かって進捗を確認しながらプランを実行していくというマネジメントが可能になるのです 見える化(可視化) よみ:みえるか(かしか)、英字:Visualization, Highlighting 「見える化」とは、1998年にトヨタ自動車が発表した「生産保全活動の実態の見える化」に登場した用語です
視点を変えると、意外な切り口が見つかるということを体感でき、思いがけないところで自分の琴線に触れるテーマが見つかります いずれもデータを分かりやすく可視化し、説明資料にもすぐ使える手法です
売り上げ目標を具体化するために、色々な策を考える 視える化、見える化、みえる化、可視化の違い 視える化 注意してみること 見える化 眺めるようにただ見ること みえる化 見える化でも、視える化でもカバーしきれない手順の前工程・後工程含め、実施することとその順番を関係者とのつながりを踏まえて問題の所在・要因を「あきらかにする」 可視化 (わかりにくいものを)目で見ることができるようにする スポンサーリンク 砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています
意味 「可視化」は 「かしか」と読み、 「普段は目には見えないことを、必要に応じて図表や画像などに表して理解し易くすること」という意味です もともとは 「トヨタ自動車」に導入されていた方法で、一般企業でも使われる様になりました
普段から、自分の頭のなかを常に明確に言語化しているわけではないということです データを可視化することで、売上データから売れ筋商品や主力購買層の属性、販売イベントの効果などさまざまな情報が読み取り可能に
似た意味で「可視化」という表現が用いられることがあります 歴史上の好きな人物を挙げて、読む本を決めてみる
(60ページより 前著同様にとても読みやすく、無理なく要点をつかむことができる1冊 ビジュアリゼーション
ぜひ一度、手にとってみてはいかがでしょうか?. 経験則のこだわりに固執してしまう事で、全体として非効率的な改善活動に陥ってしまうケースもあります 「化学」「悪化」「浄化」「化粧」など、あるものが別の物に変わることを表わしています
最初は時間がかかるかもしれませんが、この方法を繰り返して慣れると、瞬間的に自分の考えが整理できるようになるといいます (中略) どんな考えも、言葉にして外に発信しなければ、考えていないことと同じで、なんの意味も生まないのです
pk-subscribe-with-name button,. (61ページより) 視点を変えて見ると、頭のなかの考えが明確になるということは、よくあるのだそうです 「ずぼらな私の家計を可視化してみたところ、経費節約が早急に必要であることが解った」• まず「可視」ですが、これは「肉眼でみえる」ということで目に見える物を現わしています
人的資源の可視化効果による経営パフォーマンスの向上を狙うには、自組織にとって適切な人材マネジメントのスタイル-例えば人事機能の人事部門とラインとの分権化の度合いや、主要となる人材供給源、インセンティブ制度のベース等-を把握していることを前提とし、そのスタイルに合致させる形で、組織内のどのタイプの人材の、どういった状況の可視化を手厚く行うことが合理的であるか、事前に十分に検討することが必要となります 音韻学、書誌学、文献学を専門として、長らく言葉を研究してきた人物
すべて重要なことばかりなので、内容を理解してひとつずつ実践しましょう 漠然とした考えは、言葉にならないし、伝えられない 自分の頭のなかの考えがしっかり整理され、明確になっている人は、思考を言語化してうまく伝えることができます
一般的なBIツールで作れるグラフについてはこちらの記事もご覧ください また、「可視化」は「見たい時しか見れない」状態であるのに対し、「見える化」は「いつでも見れる」状態を指すという意見もあります
例文 ネガティブな使い方• 可視化の意味 「可視化」には次の意味があります 生産性を継続的に向上させるPDCAは? 時代とともにビジネス環境は変わります
PDCAサイクルでの継続的な改善を行う場合、IT技術を活用することで、モニタリングのような状況把握や結果の分析、改善点の把握がより確実になり、BPMを運用するスタッフの負担を軽減することができます 関連キーワード• 今回は、「業務の棚卸」や「業務の可視化」を行う方法についてご紹介します
Rearrange(入れ替えと代替)• 』(山口謠司著、ワニブックス)の著者です
この記事では、「可視化」の意味と語源、使い方の例文、類義語と英語表現をご紹介します 「顕在的知識」「顕在的なニーズ」「顕在的カリキュラム」「顕在的防御」などと使われています