ザ ベスト テン。

に到着したジャンボ機のタラップ上から中継する際に、8位のランキング発表に時間を合わせるため、空港の管制室に直接電話して談判し協力を得て、滑走路を遠回りするなどして時間調整に苦労した。

わずか3分。

この回の視聴率は30. () ザ・ベストテンでは1位になったことがないが、ザ・トップテンでは1位になった曲• 1997年12月28日には『 ザ・ベストテン今夜だけの豪華版'97』を放送。

さて、問題の動画がコレです。

10月2日 - 久米降板後に司会補佐を務めた松下賢次が3代目男性司会者として初登場。

結果、見事にその目論見は果たされ「おらおら」は5位にランクイン。

榊原郁恵シングルコレクション• 登場してくる歌手から黒柳は花束を贈られた。

」と鳴ってから次の順位に移っていた。

1985年• この日は月間ベストテンという形での延長戦になった。

83 77
1976年から1977年にかけて放送された『』の後番組としてスタート 「」での1位の時は梅雨の時期にちなみの造花を紙テープと共に吊るした
なお、セットやステージの配置は渋谷公会堂とは逆(渋谷公会堂は中央がステージで上手袖にエレベーターと司会進行のコーナーだったが、Gスタジオは下手側にエレベーター・司会進行のコーナー・スタジオサブのセットを配置していた)になっており、スタジオサブもこの時に限り同じスタジオから放送していた そして全ての曲を発表後にスタジオに出演する歌手が1位の入場曲(全員が入場し終わるまで最後の部分を繰り返していた)と共に全組入場していた
黒柳・松下のコンビで担当(松下は1986年10月から改めて2代目司会者として就任) 本番組内では(緊急着陸の受け入れ準備をしていた)からに入った連絡(炎上する飛行物体を目撃した)やに入った住民からの目撃情報(群馬県と長野県の県境付近に飛行物体が墜落した)などを伝えた
2006年7月12日に、水曜日20時台に放送されていた『』で「復活! 年間1位にも輝きました もう、メチャメチャかっこいいです
これは番組をの『』でパロディーにされたことに関連して述べたもので、久米をまねた司会者役で登場したが、台本のようなものを持ち進行している様子を見て「私は台本を見て『ザ・ベストテン』をやったことが1回もない」と述べたうえで、「これまでの歌番組はあらかじめ台本が用意されており、台本通りの質問に、台本通りにゲストが答えるという体裁だった そして、先週からの変動と 、曲名と、歌手と得点を読み上げた
しかし、やはりスポンサーであるに配慮しの「」(当時ののCMソング)に限っては、ライバル社の社名を含むタイトルを表記できず、レコード売り上げランキングでは「(C. 1月26日 - から山口百恵が初登場 」などと罵声を浴びせ、身に着けている物を投げつけたりし、のフォローも構わず、「」を怒鳴り声で歌った
ランキングの決定方法 [ ] レコード売り上げ(、、の3社のランキングを使用)・リクエスト(のデータを使用)、放送のリクエストチャート(当番組のネット局25局のうち、ラジオ兼営20局でのラジオ歌謡曲ベストテン番組の独自のチャートの総合ランキング)・番組に寄せられたのリクエスト(番組冒頭で発表)を合わせたポイント制で決定 夢見るSeason(伊藤つかさ)• 9%を記録した、日本の音楽史に燦然と輝く歌番組の金字塔