復習 の 皇后 ネタバレ。

復讐の皇后・第28話のネタバレ感想 なんとか川岸にたどり着いたパトリツィアは、刺客に追跡を諦めてもらうために自分の服を破り川に流します。

数日後、ローズモンドはバロネス爵位を授けられ、侍女・グラーラは皇后は子どもを産めない身体だからローズモンドが皇子を産めば解決すると言います。 すっかり仲睦まじく過ごすようになった宇文邕と阿史那頌は「豊かな国を作っていこう」と誓い合う。 不安を感じた楊堅は「僧侶に違う仕事を与えては」と提案。 2人の関係が崩れる可能性は低いが、そうなったら自分の追い風になり悪くないと思うのでした。 復讐の皇后最新話はどこで読めるのか? 最終的には皇帝と結ばれるパトリツィアですがまだまだストーリーは続きそうです。 それを知ったローズモンドは、何かを考えている様子でした。
73
するとジャニュアリーは挨拶をして二人の前から去っていきました。 そして、ローズモンドの斬首刑を言い放った瞬間、エフレニー公が真犯人は別にいると連れてきたのです。 73話. そして、貴族の1人から皇后暗殺計画の事案を挙げられ、パトリツィアはローズモンドの審問と調査を始めると公表したのです。 今や女侯爵となったローズモンドとの仲が上手く行ってない事を指摘したパトリツィアは、彼女に飽きたのか?と聞き、別の女をベッドに呼ぶよう手配する提案までしました。 妙善庵。 パトリツィアはキスをしてほしいと頼み、未来のことはどうなるかはわからないがたとえ自分が騙されたとしても一度はを、いや自分の心を信じてみようと思いました。 そこに庭園にいたルシオがきてハンカチを差し出します。 ローズモンドはそれを理解しているからこそ、皇后になろうとしていたのです。 宇文邕がやってきてひれ伏す楊素。