名鉄 電車。

6月25日 : が開通、を使用して新岐阜駅 - 美濃駅間の直通運転を開始 なお、豊橋発着の列車は登場時が、廃止時点では2200系で運転されていた
沿線の中核駅などに停車し快速特急や特急を補完する また土休日は後述の準急がほとんど運行されなくなるため、現行ダイヤの平日日中と同様に二ツ杁と有松の両駅への特別停車が拡大される
1939年(昭和14年)9月1日 : (明治35年)3月に設立され、現在のを当時運営していた瀬戸電気鉄道を合併 4月1日 :
:休止していた石刀駅営業再開 また、岐阜市内・近郊路線は(岐阜バス)へ譲渡
豊橋駅を発着する列車の設定がないために伊奈駅で豊橋発着の急行に接続している また、の高架駅化の際に単線区間の上に東海道本線の高架橋を架けたため、複線化が困難になっている
一宮駅 - 笠松駅間:急行2本• 5月9日 : の支給に合わせて1セット12,000円(SFパノラマカード2,000円分、名鉄百貨店商品券10,000円分、名鉄百貨店特別お買物券1,000円分)を4000セット発売 1月29日 :
神宮前駅 - 金山駅間:下りは10本、上りは8本(このうち常滑線直通:4本)• 東岡崎発岩倉行き:新安城駅(本線急行・快速特急)、前後駅(豊川急行・特急)、鳴海駅(西尾急行)、本笠寺駅(快速特急・本線急行)• 12月1日の再放送のときは、 ちゃんと『快速特急』に訂正されていました 座席指定特急のみを「特急」とし、料金不要の特急を「」に種別変更(1度目の特急料金政策変更)
豊川鉄道豊川駅まで乗り入れ開始 岐阜 - 豊橋・犬山 - 常滑など、名古屋駅を経由する電車がほとんどであり、路線が集中する名古屋本線枇杷島分岐点 - 神宮前間は上下共に約2分30秒間隔で行き来する高密度運転区間である
(昭和43年):牛田駅 - 知立駅間の東知立駅、加納駅 - 新岐阜駅間の広江駅廃止 また、一つの列車が途中駅で種別を変更するダイヤも日常的に用いられている
白背景に赤文字で ミュースカイ と表示される この年までに妙興寺駅 - 新一宮駅間の花池駅廃止
(1941年8月休止、7月再開)。 パノラマカー7000系が定期運行を終了。 前年に八百津線へ導入した軽量気動車「」を、広見線(新可児 - 御嵩間)・三河線(猿投 - 西中金間)にも導入・本格運用を開始し、ワンマン運転を実施。 実施例については当該項目を参照。 路線網配置 [ ] 多数の列車が往来する枇杷島分岐点 名鉄の路線網の特徴は、名古屋を中心に岐阜・犬山・常滑・豊橋方面の四方に路線が広がっていることである。
72

ボトルネックとなっている区間 [ ] 名古屋本線の特徴の一つは、運行面においてとなっている区間がいくつか存在している点である。

:大里駅南側の踏切にてオート三輪が特急列車と衝突、脱線()。

(大正14年)8月1日 : 1896年(明治29年)6月に設立され、現在のなどを当時運営していた尾西鉄道の鉄道事業を譲受。

:が竣工し、新名古屋駅 - 枇杷島橋駅(現在の枇杷島分岐点)間が開業。

本線特急を指定席車と自由席車併結(一部指定席化)とし、自由席特急の性格を持っていた「高速」を統合(2度目の特急料金政策変更)。

その後も名岐は「自社が愛電を合併する」という形態に拘り、最終的に名岐鉄道を存続会社として愛知電気鉄道は解散し、合併後の新会社の社長には当時の名岐社長であったが就任し、愛電社長の藍川は副社長となることが内定した。

5 116 3,818 犬山 愛知県名古屋市 1993年からが乗り入れ。

国府駅 - 新安城駅間:急行4本(土休日の朝と、平日・土休日の夕方以降の国府駅 - 東岡崎駅間は急行2本と準急2本)• 名古屋本線が成立し、東西直通運転を開始。