ハイゼット リコール。

分解したところ、この車両にオイル漏れはなくキレイな状態でした 該当する車両ご使用の方には、既にハガキが届いているかと思います
リコールの対象車種は、ダイハツ「ハイゼット トラック」「ハイゼット」「ハイゼット デッキバン」「アトレーワゴン」、スバル「サンバー トラック」「サンバー」「サンバーオープンデッキ」「ディアス」、トヨタ自動車「ピクシス トラック」「ピクシス バン」の10車種、計62万4105台です ダイハツ工業株式会社は令和3年1月28日、オートマチックトランスミッションに不具合があるとして、平成26年8月3日~令和2年11月6日に製造された「ハイゼット」など10車種のリコールを国土交通省に届け出ました
作業時間: 1時間 10分 2017年04月14日 09:44ハイゼット リコール対策を実施しました ダイハツ ハイゼットカーゴのリコール対策を実施しました 対象車では、AT制御コンピュータに不具合があった
対象車両は、動力伝達装置にて、バルブボデーが異常摩耗し油圧漏れが発生するものがある そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると、油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがある
そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると、油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがある オイルが漏れてきたらバルブボディを交換するという事になるようです
燃料タンクに不具合があった 改善対策とは 自動車が道路運送車両の保安基準に不適合状態ではないが、安全上又は公害防止上放置できなくなるおそれがあり、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を無料で修理する制度です
また、油圧漏れが発生した際に、AT制御コンピュータのプログラムが不適切なため、故障検知を正しく行わないものがある ハイゼットトラック・ハイゼットカーゴのオートマチック車に出ているリコール作業をご紹介します
冬の急なフロントガラスの凍結におすすめのアイテムがCarZoot社の解氷スプレー 雪道や急な雪に慣れていない人が冬に戸惑ってしまうのが、フロントガラスの凍結です 《纐纈敏也@DAYS》. 自動車リコールの届出情報 ご利用のブラウザはJavaScriptまたはCookieが無効に設定されています
2

なお、バルブボデーの異常摩耗について原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じるとしている。

また、油圧漏れが発生した際に、AT(自動変速機)制御コンピュータのプログラムが不適切なため、故障検知を正しく行わないものがあります。

リコール対象車両は電動伝達装置において、バルブボデーが異常摩耗することで油圧漏れが発生するものがあります。

リコールとは 事故を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするもので、自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなるおそれがある状態、又は適合していない状態で、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で修理する制度です。

本当の不具合の事を言われて内容が酷すぎたから叩くってどういう事ですかね。

事故は起きていない。

なお、バルブボデーの異常摩耗については原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じる。

設定を確認して再度アクセスしてください。

なお、バルブボデーの異常摩耗については原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じる。

そのため、縁石等に衝突した場合、ロアアームからナックル連結部が外れて走行不能になるおそれがある。

1