ダイラタンシー 現象。

実はこの現象はあるものに応用されている 同じ割合でも、結果に大きな違いができる理由を(出来れば品目別に)教えていただきたいです
こうしていつまでも引けないことがある つまり、小さな粒子が密集して粒子間の隙間が小さくなり、強度が増し固体になっているんですね
ダイラタンシーとは どういう現象か? 百聞は一見に如かずといいますので、こちらの動画をご覧ください シャンプーをできるだけ細く垂らすとまるで生き物のような動きで跳ねる現象のこと
また最密充填が崩れるのがトリガーだとすると 変形速度依存であることが説明できないのでは(別にゆっくり力をかけても最密充填崩れるのでは)と思ってしまう 要するに 水に溶けているフリをして水の皮を被っている粒子達が、強い力を掛けられることでシャキッとして固体の粒子部分が外面に出てくるような現象のようです
また同時に、この膨張が制限されるような状況では、粉の粒が自由に動けないために固体のようになるとされています 短い時間は固体、 長い時間では液体として振る舞う点はダイラタント流体と似ているが、 こちらは粘弾性体と呼ばれている
イヤーワーム 日常生活で聞いた音楽が妙に頭に残ることは無いだろうか?これはイヤーワーム現象と呼ばれ、外国人にも共通して起こっている いずれにせよ、参考文献中にも記述があるように、 なぜ起こるのかはやはりわかっていない部分が多い(すべての分散液でダイラタンシーが起こるわけではない、実際にネットワークを目で見たわけではない、その他条件など)というのがこの分野の共通認識のようだ
しかし外力を加えるのを止めてしまえば、粒子の隙間が広がって、圧縮力と対向する力がともに働かなくなり、元の液体の状態に戻る 割り箸をつっこんだり、ビー球を落としたり、グーで殴ったりしてみましょう
実験方法 出来上がったダイラタンシーは握っている時は固いですが、手を広げると液体に戻ってしまいます 衝撃を吸収するということから、防弾チョッキにも応用できないかということで、ダイラタンシーを応用した新素材は現在研究中とのことです
(10) 水はでんぷん粒子を弾く性質を持ちます 今度は土の体積が増えました
17 33 1