小松菜 茹で 時間。

炒め物• 使う料理や好みなどで変わってきますが、大体3~4cmくらいが使いやすい長さです。

そして茹でる前には、土汚れもしっかり落としておくのがポイントです。

・葉の緑色が濃い 薄い緑色だったり、黄色い葉があるような場合は、収穫してからずいぶん日が経っているものなので、新鮮とはいえません。

根元を切り落とした場合は、下処理して2等分などにカットした小松菜の 茎の部分を先に 20秒ほどゆでます。

こうなってしまうと、小松菜全体に菌がついている場合がありますので、食べずにすぐに廃棄するようにしましょう。

そのあと、葉の部分も一緒に鍋の中にいれて、 10~20秒 ほど茹でます。

料理に合わせて切り方を変えましょう。

今回は小松菜でしたが、 このサイトではチンゲンサイやモロヘイヤの茹で時間についても書いています。

26

小さいお鍋を使うときは、葉と茎を分けるように、2等分、または3,4等分にカットしておきます。

吸盤の中の汚れが落ちるまで15分くらい塩もみし、洗い流す。

フライパンの場合、底が浅い割に幅が広いので、 茎と葉の部分は最初に半分に切って分けてから茹でるといいでしょう。

そんな小松菜の下処理は調理の仕方によって異なります。

小松菜を耐熱容器に収めて、ラップをします。

混ぜご飯• 生の小松菜をたべることで、茹でたり炒めたりしたときにのように、栄養価が損失することがないので、効率良く栄養分を摂取することができます。

茹でた小松菜は、軽く絞って水気をきったあと、長さを揃えて切ります。

混ぜご飯• 生産者によっては農薬を大量に使用します。

茹で時間 蛸(タコ) 吸盤をしごくように塩でヌメリをとる。

炒め物も、一番最後に小松菜を入れてサッと火を通しただけで、すぐに火を止めるようにすると、食感も柔らかくならず、色もそのままで食べることができますよ。

13