悠々 自適 の 皇 妃 ライフ。

67

なにか不安なことがあると余裕が持てなくて、周りの人の気持ちや自分の気持ちに気づけなくなってしまうことはよくあると思いますが、レアナを見ているとそんな時ほど目の前のことに目を向けると気持ちが軽くなるように思えます。

ニートライフを目指す清々してくて面白いレアナの感情に注目して、その気持ちの変化や、無事に平穏なニートライフを送ることができるのかを楽しみながら読んでみてください。

閉じた瞼越しに、白い光が届く。

レアナは心配してくれるのはありがたいが・・・今回はそこまで心配していただかなくてもいいと私は思っていると伝えると、陛下は何かを言おうとしました。

プリティナ帝国には仕事しか考えない冷血皇帝がいて、突然現れたヒロインに皇帝と恋に落ちる話の本。

5
そして、神力のポテンシャルは歴代神女の中でもトップクラス。 レアナの気の抜けた感じの心情や陛下との温度差といったギャップ感に楽しめるのはもちろん、不穏な雰囲気と真相がわからない不安さをもワクワクに繋がっている作品です。 よくある転生ファンタジーながらも、読者の求める展開を演出し続けてくれるため、飽きることなくワクワクしながらページをめくってしまう作品となっています。 何が起こっているのか理解する前に、意識は途切れた。 1つ目は『今度は絶対に邪魔しませんっ!』です。
12