お 身体 に 気 を つけ て。

「お体に気をつけて」の意味 ここでは「お体に気をつけて」の意味について紹介していきます。

プロ家庭教師による完全オーダーメイド授業を展開するアルファは、これまで15年以上にわたり、全国のお子さまの学習をサポートしてきました。

道中はどうぞお気をつけてお帰りくださいませ。

この「体に気をつけて」における「体」はそういった意味合いで使われています。

誰かにこの言葉を使うのは少し気恥しいかもしれませんが、自分がこの言葉をかけられるとうれしいですよね。

相手の体を心配して、しっかり体調管理に気をつけて過ごしてくださいという相手への配慮の意味を表しています。

」「ご多忙の毎日でしょうから、どうかお体に気をつけてお過ごしくださいね。

これらは少し硬いので、口語よりも年賀状や手紙、メールなどの書き言葉として使われることが多いです。

久しぶりに会えるのを楽しみにしております。

・「お体に気をつけて今後ともご活躍下さい」 ・「お体にお気をつけてお過ごしください」 一見するとかなりカジュアルな表現のようにも見えますが、目上の人に申し上げる言葉として、続く言葉も尊敬語か丁寧語のチョイスになります。

信頼関係ができていて、ストレートに言葉を伝えられるような相手であれば、敬語などの細かいルールを気にせず、気持ちを伝えられるのも魅力です。

59
ここでも「ご自愛ください」は大活躍。 ご自愛ください• 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その2……「Look after yourself. 「お体に気をつけて」という意味で使える「몸에 조심하세요. 「お体に気をつけて」の敬語表現 「お体に気をつけて」は敬語として使えるのか 「お体に気をつけて(付けて)」は「体に気をつけてね」という相手を気遣う気持ちを表した文章を「お体」と表現することにより、敬語表現にしたものです。 お身体に気をつけてください。 心という意味が入っている「身体」の方が相手への配慮が感じられるように思う方もいらっしゃいますが、公式的な文章で書く場合は「体」を使って「お体に気をつけて」とするのが正しいでしょう。 相手の体調を気遣う表現を理解して使えると、より人間関係が円滑になります。
73

また退職や転職をされる方へのお別れの挨拶でも使う機会の多い言葉です。

ここでは、目上の方に対しても失礼のない「お体に気をつけて」を伝える方法を紹介していきます。

寒い季節となりました。

充分にお体に気をつけて、健康にお過ごしください• 注意を払うという意味になります。

「どうぞお体に気をつけてお過ごしください」、「くれぐれもお体にお気をつけください」というように表現して使います。

健康をお祈りする意味に加えて、「お体お大事にしてください」という意味も含まれます。

「注意、留意してことにあたる」よう、次にくる動作を形容することばです。

こちらは主語ではなく術語を略しており、詳しく言うなら「お体を大切にして元気でいてくださいね」です。

) おそらくネットの発達で、社会的地位の上下が関係ない人同士の間でも、マナーとして敬語を使っているからなのでしょう。

体調にはお気をつけください• メールや手紙などでも、文末の挨拶として使う事ができます。

28