ベンツ 新型 c クラス。

81
パワートレインは全モデルで電動化された 」と営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります
欧州では2021年6月から販売をスタート、日本へは早ければ年内にも導入予定だという 7秒 ちなみに、最上位グレードとなるプラグインハイブリッド PHEV システムを搭載した新型C300eは遅れて発表・発売予定とのことですが、具体的なパワートレインは以下の通り
ワイドなトレッドや、モダンなデザインのアルミホイールも、スポーティな外観を生み出している 新しい組み立てシステムが、新型Cクラスの生産に初めて導入された
また、ウィンカーレバーを倒すだけでクルマが安全かつ自動的に車線変更を行なうアクティブレーンチェンジアシストや、渋滞で先行車が一旦停止しても30秒以内(一般道では3秒以内)であれば前車に追随して自動発進するオートリスタート機能など、ドライバーの疲労を軽減し、より安全で快適な運転をサポートする数々のシステムを選択することができます 足回りは、フロントに4リンクアクスル、リアにマルチリンクアクスルを採用
アームレストが大型になったほか、ヘッドレストもラグジュアリータイプとなる 新型のボディカラーには、スペクトルブルー、ハイテクシルバー、オパライトホワイトの3種類の新色が、追加されている
リアエンドのデザインは、メルセデスベンツのサルーンの典型的なものとした インテリアでは新型Sクラスから採用された縦型の大型センターディスプレイや、航空機のエンジンナセルを連想させる新形状の空調用エアベント、新世代版のステアリングホイール、そして10. 4kgmの電気モーターを搭載し、燃費アップのほか、ターボラグを抑えるようにアシスト
また、クラシックなメッキグリルとボンネット先端に付くスリーポインテッドスターの組み合わせによるデザインは、中国をはじめとする一部の市場に提供される予定である 「AMGライン」仕様では、クロームのスターデザインが特長のダイヤモンドグリルを装着する
またPHEVでは、全車リアサスペンションにエアサスが標準化されている ベンツを扱っているヤナセとシュテルンの相見積もりも商談では基本戦略です
94