実況 パワフル プロ 野球 switch サクセス。

若い頃は、守備職人として鳴らしていたが、近年は衰えからか、控えに回っている 大学編・社会人編がサクセスの舞台となる時に特にこの問題が表れる
コーチ(「指導力」でシーズン中の選手の成長が変化)やスローガンなどを選び(『13』では選手会長の指名もある)全試合プレイして優勝を目指す、通常時には高速試合を設定し、自分の出番だけマニュアル操作にして選手1人になりきってシーズンを過ごす、試合をオートにし外国人選手やなどの補強を行い、チームを見守る監督・フロントになるなど、多彩な遊び方が考えられ、長く遊べる充実したモードになっている 投手作成時に最終設定で先発・中継ぎ・抑えの適性を複数設定できるように修正 試合• 『パワメジャ』で初登場した球種で、パワプロには『パワプロ14』から登場
第一世代の場合、このシナリオの主人公は猪狩守にライバル視され、彼との交流が描かれることが多い 今作から完全クリアの要素が入り、全チームで完全クリア(実際の試合を再現するという条件が多い)をするとOB選手及び二軍選手が全て使用可能になる
全編共通のチームメイト [ ] 矢部 明雄(やべ あきお) 発売の『』まではコナミ(後の)から発売されていたが、の持株会社移行後は、コンシューマ版はKDE-Jが、アーケード版は『』からが発売元となっている
愛称は「 パワプロ」 「サクセス」の収録シナリオが少ない. 本作の「パワフル高校」と「あかつき大学付属高校」2シナリオは、Switch版のサクセスシナリオとして収録・リメイクされている
なし PS2 対戦では打撃操作の難易度を細かくいじれるようになった 得意練習は速球と変化球
自分のお気に入りの球団を采配、操作、運営して一年のペナントレースを勝ち抜く「ペナント」には、従来だと外国人選手のスカウトに際してポジションなどを指定してスカウトマンに依頼することができたが、この要素がなくなっており完全にランダムとなってしまった 良 その他 GB 『パワポケ』とは無関係
なし PSP PSP版は『パワポタ4』準拠 あかつきの学園祭では女装をさせられることもある。野球以外でも売られた喧嘩は必ず買う性格で、ゲームや大食いでの勝負も当初は嫌がる素振りを見せながら、主人公の口車に乗せられて結局は参加している
会員は200人以上いるらしく、矢部もその中の1人 特殊能力系の球種
『11』にも登場する(『10』『パワポタ3』にも選手としてのみ登場) 久遠 ヒカル(くおん ヒカル) 『パワプロ11』で初登場した友沢の後輩
暗黒星雲 ダークネビュラ フォークというよりスラーブに近い軌道 下の名前は不明
『パワプロ2011』早川イベント 恋々高校野球部員 神童、、カレンは本作が初登場
「キャッチャーフライ」という言葉を聞くと無意識に体が反応してしまうほど 加藤 理香(かとう りか) おなじみの医師
好投していても勝利投手の権利を得る5回以降、特に完投目前の9回に四球や連打で突如崩れる場面が多くみられた 『パワプロ9』では最後の敵として君臨したが『2011』のアンドロメダ学園編ではチームメイトとなる
自覚はあり、人格を上手く使い分ける場面もある
47