伊之助素顔。

趣味は童遊びの「ことろことろ」、好物は天ぷらで、どちらも鬼殺隊入隊後の出来事で出会ったもの。 伊之助が美人でかわいいことを隠すため みなさんご存じの通り、伊之助は猪の被り物をとったら相当な美少年です。 そして伊之助同様に頭が鈍い分、 鋭い感覚を持っていました。 ですが、 ムキムキの体に野太い声をしているので、その 整いすぎた顔が確かに違和感を産み出しています。 ここからは嘴平伊之助(はしびらいのすけ)の過去に迫っていきたいと思います。 それではなぜ伊之助は猪に育てられたのか。 獣 ケダモノの呼吸 鬼殺隊の剣士のほとんどが呼吸法を使用して戦闘を行います。 名乗る事はできるが、上述の通り読み書き自体ができない為に、当然ながら自分では書けない。 当時、伊之助がまだ赤ん坊の頃、 父がよく暴力を振るう人でした。
27
鬼に変えられた禰豆子を人間に戻すため、炭治郎は鬼を倒すために育手の元水柱鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)による命がけの修業を乗り越えて「水の呼吸」の剣術を会得し、鬼を狩る政府非公式の組織である鬼殺隊の試験を乗り越え無事に入隊し、鬼の首謀者であり、禰豆子を鬼に変えた元凶である鬼舞辻無惨に立ち向かうべく戦っていくお話です。 そのため、常に誰に対しても好戦的な態度であり、闘争心は人一倍強いです。 そんなこんなで、たかはるも折れて、元々面倒見が良かった為に祖父の物忘れが酷くなった後も一人で懸命に伊之助の面倒を見ました。 心身頑健な炭治郎が、血の滲むような鍛錬を二年間経て習得したものと同等の戦闘能力を完全に独力で身に着けている事からも、生まれながらにして高い天賦の才を有している事が分かる。 しかし炭治郎は体力が残っていないため拒否してのだと勘違いして「無理をしなくていい」と慰めます。 たかはるは育ちの影響で口調が悪かった為、伊之助も同様に 口調の悪い言葉を覚えました。 それで、伊之助は『山の主』の跡継ぎとして『山の王』と自称しているのではないでしょうか。 実はこの被り物は「伊之助を育ててくれた猪の形見」だそうです。