キャベツ の 千切り スライサー。

2分の1や4分の1に切ってからスライスすると楽にできおすすめです。

キャベツ専用のピーラーの使い方は、通常のピーラーの使い方と少し異なります。

通常はスライサーの上にキャベツを置き、キャベツを指で挟んでスライスしていくと思いますが、 ストッパーはキャベツと指の間にいれて使うので、指を切ることを防げます。

お皿のどの部分のキャベツを食べても味が同じになるのでおすすめです。

続いてキャベツの芯をしっかりとります。

一台で多彩な切り方ができるスライサー• stainlessはステイン(錆び)がレス(無い)という意味で、錆びに強い素材です。

フルベジ スライサー 燕三条製• ピーマンの千切りにツナ缶と調味料をあえて電子レンジで加熱するだけの簡単調理で話題の無限ピーマンは、調理時間が短く、料理初心者にも人気のレシピです。

刃の素材 ステンレス 幅 9cm ストッパーの有無 無し 下村工業• 極薄なので口当たりがよくフワフワと立体的な盛り付けができおすすめです。

そこで今回は、キャベツスライサー選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

また、ギザギザの刃で ふわふわの千切りが出来上がるとのこと。

ささがきをするのが手間で難しいと思われがちなッキンピラですが、実は、スリット状に切り目を入れてピーラーを使ってささがきすることも可能です。

キャベツ スライサー BS-271• 通常はプラスチック製のプレートがステンレスなので、キャベツを動かすときの抵抗が少なくなります。

ズバリ、スライサーにも遊び心が欲しい方に!• 力を抜いて引き抜くだけで、ふんわりした千切りキャベツができますので、ぜひ挑戦してみましょう。

キャベツはそのままでも、加熱しても美味しく食べられて、用途が幅広い食材ですね。

切る前に洗えないのは、虫も気になりますし。

21 4