バレー スパイク コツ。

スパイクの種類を紹介! 一言に「スパイク」と言っても様々な種類があるのをご存知でしょうか。 ボールを打つ場所は、手のひらの 真ん中です。 相手が打ってくる直前にスプリットステップ(その場で軽く跳ぶ動作)を行う。 さらに、最後の踏み込みは、なにか(水たまりなど)を飛び越えるような感覚でしましょう。 リラックスして力まない• ドライブとはドライブ回転のことで、スパイクを打つ際にボールに回転をかけることです。
80
自分のジャンプの性質はどんなジャンプなのか• 打つときは、ボールから目を離さないようにすることがポイントです。 バレーボールのスパイクの打ち方!フォームのコツと練習方法を解説 😁 サーキュラーアームスイングは、 一回右手を後ろに引きます。 なので、 このスパイクミートのコツを 知っただけで満足せず、 練習で実行して初めて 身につくので実行に移して下さい。 セカンド・テンポ• ボールを上げたらそのまま滑り込む さすがに文章だけだと何の事なのかわかりませんね。 力まない• 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 今回は、 スパイクミートを出来るようにするコツ ですので、 1、 力みが無いリラックスした状態で、 2、 手のひらの中心で、 3、 ボールを打つ練習 を行って下さい。 実はスパイクを打つ上でタイミングがかなり難しいのです。 バレーボールの試合を観戦していても力強いスパイクが相手コートに突き刺さった瞬間はスカッとしますよね。 自分がボールを受けたい時は「オッケー!」「まかせて!」等の声を出しましょう。 さらにこの2歩目3歩目でトスを打つ場所(左よりか右よりか、ネットに近いか遠いか)を見きわめます。 え?こんな簡単なことを修正するだけで? と思うかもしれませんが、ボールと被ってスパイクしないと言うのはそれほど重要なポイントなのですよ!初心者のうちはボールに出来るだけ近づいてスパイクをしていると安心感があるので、被り気味で打ってしまう人が多いのだと思います。
42
ボールの上に手が被されていなく、 ボールの下を叩いてしまっていたり、 ボールを押し込むようなスパイクになっていては 正しいドライブのかかったスパイクを打つことは出来ません。 トスが上がる予測地点まで走りこみ、軽くしゃがみこみ高くジャンプするための準備動作に入ります。 スーパーレシーブで人々を感動の渦に巻き込んでやりましょう!! それではまた。 具体的には、 落下地点より前に左足が言ってしまうとほぼ間違いなくかぶってしまいます。 ボールは手のひらの真ん中でとらえる• ネットの前で左足を 「ギュッ!!」 と踏みしめるフォームです。 実際に手のひらがボールに当たるときは、手首を意識しないでボールをたたきます。 ただ、上がると一気に 味方の士気を高める スーパーレシーブの一つです。 ディグとはスパイクレシーブ(強打レシーブ)の事です。
11