アウディ rs5 スポーツ バック。

やはりアウディスポーツが送り出すRSは特別な存在なのだ。 いっそう洗練の方向に行っている。 また、従来のアウディのファンにとっては、せっかくのRSなのだから洗練されすぎているよりも、これぐらいわかりやすいスポーティー感があったほうがうれしいだろう。 スタイリングの良さも手伝って本当に良い車だと思いました。 アウディ「A5」シリーズのトップモデル「RS5スポーツバック」。 電子制御を感じさせない 村上 Sと近いものになったという話があったけれど、ひとつだけSとはまったく違うなと思ったのが足の感じ。 Audi RS5 Coupe 米国では、2種類のローンチ・エディションが設定されています。 なにが新しいと言って、RS5自体は前からあるけどクーペしかなかった。 3インチ液晶タイプ 地図主体やタコメーターメインなど多彩な表示が選べる トランスミッションは8速AT 変速はシャープで滑らか パドルシフト標準 2893cc・V6DOHC24Vツインターボ 450㎰/5700~6700rpm 600Nm/1900~5000rpm JC08モード燃費:11. 村上 ボディまでフェンダーを拡げて全部作り直していることを考えると、この値段はうなずけると思うよ。 隠していた牙をむき出しにして戦闘態勢に入るのだ。
6

ペースがゆっくりでも、常識の範囲で可能な限り高めていっても、4つのタイヤを上手に路面に押し付けている感覚が強い。

フロントマスクはRS専用デザイン 内外装は、「RS」モデルに共通するスポーティな演出が施されている。

9TFSIを搭載。

ナビがすこぶる使いにくいし、アホ。

左右ハンドルの設定。

わざわざ左ハンドル用の遠いスイッチに手を伸ばしてこれを操作するよりも、状況に応じてダンピングを連続可変する「オート」で走った方がぴたりとハマる。

DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付スポーツサスペンションプラスや、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを標準装備とすることで大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現。

44