自明 の 理。

使用する際は、文脈に気を付けて使う必要があります。

axiom 公理。

「自明の理」の英語表現とは? 「自明の理」は英語で「self-evident truth」 「自明の理」は英語で「self-evident truth」と表現します。

自分が子どもだとして、こんな親だったら嫌だろうなと思う親にはなりたくないなと、そんなことをどこかで思っていたりします。

「自明」と「自明の理」の使い方の違いについて、より詳しく知りたい方はニュース記事などでの使われ方をそれぞれ検索してみると参考になります。

「推して知るべし」の例文 「推して知るべし」と似た言葉との違い 「推知」の意味は「推察によって知ること」 「推して知るべし」で使われている漢字2つで成り立つ熟語に「推知」がありますが、これらの表現はお互い全く関係ありませんので注意してください。

己の安心のために寄っている。

85
「愛情を注がれ大事に育てられた子どもは、いい加減に育てられた子どもよりも自分自身の生活管理も人間関係もうまくやっていける」というような言葉がありました 物語を紡ぐこちらを
一方で学生のみなさんや若い世代の人は、 「自明の理」という言葉を、今回初めて目にしたかもしれません 「自明」「理」という漢語的表現、言葉の響きからも大上段に構えたような感じを受けるので、日常会話ではあまり使われません
「相関関係が一つの調査で運よく有意になったとしても、次の研究では有意にはなりにくい」とあるように思っている以上に研究とは複雑で難しいものであることがよくわかります 英語を使う機会がある時のため、これらの英語を覚えておきましょう
こちらでは、「自明の理」を表す、様々な英語表現を使った例文をご覧ください 「自明の理」の例文1 「私の彼氏が素敵なのは『自明の理』だと思う」 この例文に登場する女性は、自分の彼氏が素敵な事を、社会常識のように思っています
つまり、「自明の理」とは、誰の目にも明らかなほど社会に浸透している通念または常識を指し、説明や証明するまでもなく、定かで当然のこととされている道理を意味します 物語を生み出し続けた人間は、文学館によってひとつの物語とかえられている
疑う余地の無い順接なのだ 愛してくれ……
その子の個性を認めたならば自然認められたと実感する子どもは自発的になるように思われますし、それに対して応答的に関わることはとても自然なことのように思えてきます ・obvious (疑問の余地がないほどあきらかな、明白な) ・self-evident truth (公理) ・a truism (公理、分かり切ったこと) ・an axiom (公理、原理) ・an axiomatic truth (公理) ・self-explanatory logic (自明の理) 英語表現の例文 英語でも「自明の理」を表すさまざまな表現があるということは、前項でおわかりいただけたと思いますが、実際に使うとなると、どのように用いたらよいのか戸惑うこともあるかもしれません
だが、今だからこそ自明の理だと思えた 個性がそのまま伸びていけるよう、様々に働きかけたり、極端に言えば教え込んだり、そういった方向へ大人はもっていきがちなのかもしれませんが、そこに保育の質の高さとして挙げられる応答性が最課題として上がってくる理由があるのかもわかりません
道理という意味を含まない「明らかなことだ」という意味とはニュアンスが少々違います 例えば、春に種を植えて育てたら、秋には実がなって収穫できます
それに対し「生まれ」によって規定されると考える人ならあざ笑いながら「フォックスハウンドをアパートで飼ってもプードルにはならないし、それではせっかくのフォックスハウンドが台無しになってしまう」と言うでしょう ・シナジー効果の得られないアライアンスは解消するべきだというのは、自明の理だ
67