マジック 対 ラプターズ。

さらにグリーンもに移った一方、彼らに代わるスターター級の選手の新加入は無かった。 しかしここまでの悪い流れを引きずらずに本領を発揮できた点はさすが名シューターだ。 ラプターズはバンブリートがこれまでのキャリアハイ(36得点)を大きく更新する54得点を記録、14本中11本を沈めた3ポイントの精度が光った。 その時点でナースは、バーチにラプターズのスタイルをこなせる素質を見いだしていたのだろう。 第1戦はレナードの45得点、シアカムの29得点などで快勝するが、高さに優れたシクサーズの前にラプターズのガード陣が軒並み不調に陥り、2連敗を喫しあっさり逆転される。 — cata. このトレードでラプターズはらを獲得したものの、そのモーニングはラプターズでのプレーを拒否したために直ぐ様契約を解消するなどメリットは無きに等しく、結果的にカーターを失っただけに終わったため、 NBA史上最悪のトレードと酷評された)以降、チームはボッシュやを中心に再建を進めることに。 2015-16シーズンから通算してプレーオフ10連敗という結果を受けて、HCはを受賞しながらも解雇された。 ブルックスHCは、それによりプレーヤーたちが本来の役割をこなすことができるようになりオフェンスが好転したと話し、その中で役割を果たしたベルターンスの仕事ぶりを高く評価した。
11