臨済宗 お経。

真 言 宗 的な思想が中心。 観音さまは、広大無辺な大慈悲心をそなえられた仏さまで、ものに応じて三十三に身を変えて自由自在に人々を済度してくださいます。 それを自分以外の人、本尊や故人に方向転換させるウルトラCが回向です。 いまからおよそ800年前(鎌倉時代)、中国、宋に渡り学んだ 栄西(ようさい)によって、日本に伝えられました。 日本語のお経って、意外と知られていないかもしれません。 リンは唱和する際に調子を合わせたり、経文の節目によって鳴らします。 子や孫の代にではない。 お経には、よい生き方とはどんなことか、ということが書かれています。 それはそうだろう。 下記は日本の代表的な13宗派です。
1
教典は大方広仏華厳経が中心 それ以降は感謝の行ないとして念仏を唱える
臨 済 宗 教典や教えに依存せず相手の心に直接働きかけ、その本質を悟らせる では死んでしまったら何にも無くなってしまうのかと言えば、決してそうではない
しかしながら、古来よりの慣習やその教えを全うし、実践するためのよりどころとして般若心経や観音経などが読まれます 大徳寺開山
ここから仏教者は本来、葬儀には関わってこなかった、葬儀にかかわることは仏教の本義ではない、ということがしばしば言われ、葬式仏教と揶揄されることも珍しくない 悟るまで修行することは、悟ったら修行しなくて良いことになる
昔は組の人みんながお墓に集まりお参りをして、お参りの後、お寺に来てお墓に供えた様々な供物をみんなに振る舞い分けて、本堂の前で飲んだり食べたりして朝を過ごされたそうです 人間生まれながらにだれもがそなえている尊厳で純粋な人間性をみずから悟ることによって(見性)、仏と寸分も違わぬ人間の尊さを把握する(成仏)ところにある〔臨済宗信行経典より〕 お釈迦さまは、のちに如来という尊格に神格化され、釈迦牟尼如来となります
そもそもお経は、どれもお釈迦様の説いた教えという体裁をとっております(坐禅和讃などは正確にはお経ではありません) 空海が東大寺の別当になったことがある為、作法や行事に真言宗的なところがある
👉ポイント 葬儀の後によく 「『喝っーー!』と言っていたのは何ですか?」と質問されます 本尊は
64