厳戒 態勢 意味。

例えば「社会の大勢を知る」「時代の大勢」「選挙の大勢」「大勢に影響がない」といった使い方があります <体制> 「システム」「組織」を意味する
そのため「医療体制」「社会体制」などの長期的な仕組みを表す言葉となります 「厳戒態勢を敷く」の読み方 「厳戒態勢を敷く」は、 「げんかいたいせいをしく」と読んでください
現実には想定通りにはいかないこともあるものです この言葉は、これから起こるであろう何か、もしくは起こらないように警戒するという時に使われます
「厳戒態勢を敷く」を使った例文1 「パレートが無事に行われるように、厳戒態勢を敷くようだ」 今上天皇のオープンカーによるパレードには1万人もの警察官が動員され、厳戒態勢を敷いていたようです 「大勢」とは 他にも「たいせい」と読む言葉には「大勢」があります
その場合は多くの人数を表す言葉となります 「24時間たいせい」が 持続的なシステムの場合は「24時間体制」 一方、 一時的な対応の場合は「24時間態勢」となります
まとめ 同じ「たいせい」と読む漢字は多く、特に「体制」「態勢」「体勢」「大勢」などは意味こそ違いますが、字面から混合されてしまう事もあります 例:「資本主義体制」「社会主義体制」「独裁体制」 一方、態勢は・・・ <態勢> 「一時的な対応・身構え」を意味する
例:「厳戒態勢」「受け入れ態勢」「警備態勢」 次に、「体勢」は・・・ <体勢> 「体の構え・姿勢」を意味する そこで、これについても説明しておきます
体勢の勢の字を使った別の言葉としては、人の持っている幸運や不運の巡り合わせを意味する「運勢」、変化する物事のその時その時の状態や勢力の関係を意味する「形勢」、移り変わる時代の様子を意味する「時勢」などがあります
古いやり方から脱却するため、体制を変える必要がある• よって、この厳戒態勢を敷いたとしても、それによって未来の危機を未然に防ぐことができるとは限りません なお、同じ漢字表記でも「おおぜい」や「たいぜい」と読むこともあります
84

国家のあらゆる資源や労働力を最大限に活用する必要があるため、女性を男性の穴埋めに働かせるなど、第二次世界大戦期の世界各地で見られた制度です。

体制の例文. 緊急時などによる「一時的な対応」や「対応するための準備」をさす状況で使用しましょう。

「厳戒体制を敷く」「厳戒態勢で臨む」などのように使いますが、「体制」はシステムを表し、「態勢」は状態を表しているので、それぞれ状況に応じて使い分けなくてはなりません。

どのような配置、対処なのかは場合によって様々です。

また、「臨戦態勢」は「いつでも戦闘できるよう、準備が整っている様子」を意味する言葉です。

例えば、選挙で「大勢が判明した」というように使われます。

57