古物商 許可。

13
- 法律上「古物競りあっせん業」と定義される。 行政書士は行政手続きを代行する専門家のことですが、古物商許可の手続きにかかる手間と時間を大きく省いてくれます。 おおよその期間は1カ月半~2か月程度で古物商許可を取得できることになります。 破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者• それぞれ別々に申請する必要はありません。 法人の定款 根拠 古物営業法施行規則第1条の3第3項第2号イ• このように、消費者や転売業者(メーカー、小売店、卸売店以外)から買い取った物品を転売する場合には、未使用であっても新品の扱いではなくなり(古物に該当)、盗品等の混入の可能性も含まれるため、 古物商許可が必要となります。 ) 以上より、営業であって、前述の「古物」を、買い取りかつ売却(レンタルを含む)するもの、交換するものおよび手数料等により委託売買するもの、は原則として古物営業に該当する(これらの売買をインターネット等の通信手段により行うものを含む)。 古物営業法違反行為に対する、「罰則」・「行政処分」については こちらでも詳しく解説しています。 個人申請の場合:特に営業所名を定めない場合は、申請者の個人名の記載でも構いません。 個人名義、法人名議どちらで申請する? 許可は個人名義、法人名議どちらか一方で申請しなければなりません。 「原始定款」、「現行定款」のどちらを提出する場合でも、定款のコピーを用意し、「原本証明」が必要となります。
77