仏陀 の 教え。

ここに輪廻転生(再生)説に対する誤解が見られるのです。

自暴自棄になって犯罪に手を染めてしまった受刑者の方 ブッダの智恵を学んでガラリと、自分の手で運命を幸せに開いていこうと立ち直られたのを目の当たりにしました。

もう教えることは何もありません。

少し難しく感じられるかもしれませんが、それぞれをご自身に当てはめて考えていくと、とても納得しやすいお話になるはずです。

そして涅槃と称するにふさわしいものでした。

14
将来は、全世界を支配する伝説の 転輪王(てんりんのう)となられるか、 無上のさとりを開かれる仏陀となられましょう そして、お釈迦さまにこう叫びます
何をやっているんだ」 と激怒すると、 (憍陳如)という人が現れて 「どうか私に太子様を探させてください」 と申し出ました 「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、汚い言葉で言い返してくるだろう
形而上学的な話は、釈迦は語ろうとしませんでした クシナガラに至って、沙羅の双樹のあいだに床を敷いてくれるようアーナンダに命じました
私の説くのはいっさいは苦であること、その苦には原因があること、その苦の原因を滅すべきこと、そして苦の原因を滅するための道があること、これらの真理である その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました
「私たちの仲間には、教法についても、僧伽についても、或いは実践についてもすこしの疑問ももつものは居ないと信じます つまみ食い的にしか読んでいない本も多数ありますが、時間があったら通読してみると良いのではないでしょうか
霊性や霊的世界の特殊性等についての(詳細の)説明は、かえって誤解や曲解さえ招きかねないために、控えざるを得ない面もあるものと考えられます 他の思考が意識の中に入ってきたら、それにつかみかかってはいけません
74
邪悪を為すのはあなた自身である。 仏とは何か、という問題に立ち返ってみると、むかしの今様の 「仏も昔は人なりき」という歌いだしのように、人間を超えた別の存在ではない。 「私もついでにやめさせてください」 「一体どうした? そこでシッダルタ太子は19歳のとき、 国一番の美女といわれた をお嫁にもらいました。 (763) 生存の貪欲にとらわれ、生存の流れにおし流され、悪魔の領土に入っている人々には、この真理は実に覚りがたい。 「仏というのは何だ」と言われて、「やさしくわかる仏教」などというたくさんの本を読んでみても難しくて、なかなかわかった気になれません。 ところが私はもう年ですから、この方が将来無上のさとりを開かれて、 真実の教えを説かれるころには、もうおりますまい。 仏陀の教えを信じていると言う人は大勢います。 愚者は賢者のようには話しません。 有名な逸話ですが、ガンジス川の流域を歩いて説法して旅していたブツダが、ある日、大金持ちのスポンサーから、自分のマンゴー園で一夜を宿ってくれとすすめられ、マンゴー園の樹の下に泊まります。
32