潜水艦 そう りゅう 事故。

海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」と、民間船舶が衝突する事故が起きた。

この項目は、に関連した です。

船の大きさを比べても、貨物船は全長229メートル、幅38メートル、一方のそうりゅうは全長84メートル、幅9メートルである。

遺書のようなものも見つかり、海上自衛隊の事故調査委員会が自殺の可能性が極めて高いとする調査結果をまとめていた。

たとえば、ソ連海軍の潜水艦は、戦時中、同じような損傷を受け、それを修理できないまま、作戦海域に留まり、航行を続けた。

モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

船員の行動は正しく、迅速に行われた。

また、現場海域の状況については、護衛艦「あさひ」及び護衛艦「いせ」の搭載ヘリコプターが到着し、現場確認を開始したほか、海上自衛隊哨戒機P-1により、洋上の確認を実施しております。

A:相手は潜望鏡では確認をして、また潜航を、危険回避の措置を取ろうとしたんですけれども避けきれずにぶつかったというふうに承知をしております。

事故は8日午前11時ごろに発生したが、そうりゅうの通信機能が停止したため、携帯電話の圏内まで航行。

89
母港の呉基地(広島県)に一報を入れるまでに約3時間20分かかった。 A:海上保安庁の方から発表すると思います。 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 安全確認の際、ソナー(水中音波探知機)の死角に貨物船が入り探知できなかったり、貨物船の位置を誤認したりした可能性もある。 潜航や浮上は艦首部と艦尾部の潜舵を使って行われるが、艦尾部の潜舵のみでも操縦することができる。 「そうりゅうは浮上前、近くに船舶の存在を示す音源はないと判断したようだが、どういう手順を踏んだのか確認する」。 記者会見の冒頭、海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が民間商船と衝突した事故について謝罪する山村浩海上幕僚長=9日午後、防衛省 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が高知県足摺岬沖で民間商船と衝突した事故は、艦艇の水中音波探知機(ソナー)による周囲の確認不足など人的ミスが原因で起きた可能性があることが9日、防衛省関係者への取材で分かった。 の1番艦。
60
手紙には次のことが示されていなければならない。 乗員は約65人。 2012年10月8日午前7時前に定期検査後の確認運転のため、由良港を出港後、午前8時47分に潜航を開始。 事故・不祥事 [ ] 2008年7月9日、三菱造船所の作業員5名が感電し火傷をする事故が発生した。 政府は官邸に情報連絡室を設置し、状況の把握に当たっている。 一刻を争う救助活動が必要な場合に連絡の遅れは致命的だ。 海保は事故直後、そうりゅうが停泊していた高知港沖に職員を派遣。
93