オクラ の 育て か た。

肥料をよく吸うので元肥が多すぎると生育旺盛になりますが、実つきは悪くなります。 つぼみがあるのになかなか花が咲かないときは、肥料不足の可能性があります。 それからは成長スピードがはやいので、収穫時期を逃さないように気をつける必要があります。 タネや苗を用意します 自分でタネまきをして苗を育てるか、ホームセンターやインターネットの通信販売などを利用して苗を購入します。 堆肥や肥料はたくさん与えれば良いものではなく、過剰に与えると茎ばかり育って実のつきが悪くなることもありますので、与えすぎには注意してください。 通常のオクラの花は食用に適さないので、花オクラの専用品種を選ぶようにしましょう。

葉は3~5裂し、長い柄をもち互生。

等間隔に植えた場合は風通しを良くするためにさや部分にある葉と、もう一つ下にある葉以外の下にある葉を落とし摘葉する事で風通しを確保する方法もあります。

プランターの深さの目安は30cm以上、幅は50cm~80cm程度はあるものがおすすめです。

草丈lm位の矯性種で節間短かく、側枝の発生もよい品種。

特にオクラは人気の野菜なので失敗したくないですからね。

11