ご 教授 ご 教示。

一応、「すみません」をさらに丁寧にした「あいすみません」という言い方もあるのですが、あまり現代の会話の中では使われていません。

先日は書類作成の手順をご教示いただき、ありがとうございました。

「すいません」と音が変わった言い方になると、なおさらくだけて聞こえてしまいます。

先輩の経歴をご教授願いたいのですが。

改めて考えて見ると、分かりづらい問題です。

」 2、「課長からの ご教授のおかげで新人賞を獲得できました。

」 「ご教授ください」と「ご教示ください」のNG例と使い分け よく似た言葉ですが、 それぞれ意味が異なり、 使われる状況も違うため、 ビジネスシーンでは 「どちらが正しい」は 一概に答えられないと思います。

ビジネスシーンでは一時的にわからない ことなどを聞きたいときに使われ、 例えば、書類の書き方がわからないとき 質問する際使われたり、 対処の方法について 尋ねるときにも使うことができます。

【注意点】 ・普段から正しい敬語を話す 教えてほしいときだけ敬語を使うのは逆効果の場合も。

形式張った表現なので回りくどいように思えますが、相手への敬意も表した言葉です。

画像は本文と関係ありません 編集部が選ぶ関連記事• 」 3、「今後とも末永く ご教授いただけますと幸いです。

「ご教示」は、書き言葉として使用するのが一般的です。

しかし、メールでは不適切とされているのと、より相手に丁寧な印象を与えられる言い回しが存在するのも事実です。

「指導」は教えの内容を問わず広く使える言葉なので、「指導」を使っておけば間違いになることはありません。

「ご教示ください」「ご教授ください」の英語表現 日本語では「ご教示」と「ご教授」、漢字も音も似ているため、混同しやすいのですが、英語にすると案外わかりやすいかもしれません。

長期にわたり ご教授くださいまして誠にありがとうございます。

25
そうならないためにも、「ご教示」の意味や使い方など、基本的なことからしっかり覚えておきましょう 「鞭」の字はむちで打つことを意味します
単体ではあまり使われませんが、「指導」と組み合わせて、「ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」などの慣用表現になるとよく使われる言葉です 」 5、「市場調査の効果的な方法を ご教授ください
話し言葉では「お教えください」や「ご指導ください」等がよく使われています また、開拓ノウハウなどを 簡単に教えてもらえる 世界ではなかったので 気難しい先輩らから何かを知りたい、 教えて欲しいというとき、 「ご教示ください」を使い 相手への尊敬を示し他の人たちが 聞けないことを聞けたりもしました
意味が似ていて使い分けの難しい言葉が、日本語には多くあります 「ご指南」と「ご指導」の違いは? 「教える」という意味の類語として、「指南」や「指導」という言葉もあります
そもそもの語源としては、「気が済まない」というところからきています つまり「ご教授」は、誰かに対し学問などを教わることについて、丁寧に言い表したものと言うことができます