中野 ブロードウェイ 駐 車場。

フロアによって雰囲気が異なる 中野ブロードウェイは様々なジャンルの店があるため、1日中見ていても飽きることはない。 「中野駅北口」は、中野サンモール、 コンサートやイベントで有名な「中野サンプラザ」(中野駅前のシンボル施設)、中野区役所、 サブカルチャーの発信基地の「 中野ブロードウェイ」等があって、ショッピング、ランチ、レジャー等で大変賑わっていて、平日・休日問わず駐車場も大変混雑していますね。 地上1階は生活日用品を扱う店が多い。 【長野県長野市の火葬場】~松代(まつしろ)斎場のアクセスや利用料について~。 なお、「広い通路」を貫き通すという建設当初の目論見は、現中野早稲田通り店である当時の宮田家具の立地買収に失敗したため外れる結果となった。 ブロードウェイの中野駅側エントランスの天井高を、先にできていた美観商店街(現サンモール)のアーケード高に合わせることで、歩行者が違和感なくブロードウェイに入っていけるような設計にした。 、このビルでわずか2坪の、2階の開業時の分譲スペースをさらに細かく区切った区画を借りて、専門店「」が開業する。
56

この変化により客層やフロア内の雰囲気も一変したため、治安の悪化、トラブルの発生を危惧する声もあった。

com 『朝日新聞』 2011年1月27日掲載、2011年12月21日閲覧• サブカルの聖地として有名な中野ブロードウェイだが、ビル内には一般的な店も多く、ランチを楽しめるグルメ店もあるので、幅広い年齢層が楽しめるスポットとなっている。

「ブロードウェイ」という名称は、この「広い通路」に由来する。

・観光・レジャー では、「中野」に漫画やアニメなどのサブカルチャー系ショップが集まる 中野ブロードウェイがあり、国内からはもちろん、外国人観光客も非常に多く訪れます。

商業施設としての特徴 [ ] こういった商業施設の店舗スペースは通常は大家が所有し一括して管理することが多いが、本ビルは店舗スペースをするという方法が採られた。

地下1階 店舗名 ジャンル ViViD 中野ブロードウェイ店 ペット・ペット用品 Kichijoji KIKUYA 日用雑貨 クレソン 日用雑貨 MALAIKA 日用雑貨 流行屋 HAYARIYA ブティック・婦人用品・小物 中野ロープウェイ 生活衣料・雑貨 東大門メガネ 時計・眼鏡 Reガル ブティック・婦人用品・小物 Dr. ( 2014年8月)• まんだらけの関連コラム• 『日本経済新聞』朝刊2018年3月30日(東京版・社会面) 関連項目 [ ]• どちらのスポットも有料の駐車場が用意されていますが台数が多くはなく、混雑することを想定して予約駐車場の活用も有効です。

【中野サンプラザ 駐車場】1日とめても安い!予約ができてオススメ あまりに広いため三つに分筆され、親族はそのうちの一つに住むなど静かな生活を送っていた。

商業エリアの客向けに解放されているものは逆に、マンションエリアには行かないようになっている。

5時間以内の短時間駐車は割安で利用できます。

一時は、平日の昼間でもシャッターを降ろした店舗が目立ち、夕方のかき入れ時でも人がほとんど歩いていないという状態となった。

入居店の一例として、漫画古本などのマニア・オタク向け商品店の「」、中古サブカル分野でチェーン展開している会社としては「」、 高級オーディオ・ビジュアル機器専門店の「」、大型新刊書店の「」、サブカルチャー関連書籍・ミニコミ・専門書店「」などが入店している また、建設後まもなく、分譲価格を高くしたことで入居者が予想より減り、管理費で設備を回しきれず、給湯時間を制限するなどの支障が出るという噂が出た
ブロードウェイは全館定休日を設けていない(電気設備点検で全館休業することはある)ので、区画内の一部テナントが休む場合は、他のテナントが営業していても、そこだけカーテンで仕切るなどして対応しているようである 下り用エスカレータは地上1階から地下1階へのみ設置されており、地下から地上への上り用エスカレータは設置されていない
Primary Menu. 実際、オープン当時に中野ブロードウェイ内で開業したのは食品・服飾・雑貨・宝飾品販売店、食堂、理美容室、町医者、書店、占い業といった、言わば商店街がそのままビルに入ったような多様な小売・サービス業の個人営業店が大半だった 特別許可を得た工事人以外の一般入場は不可
()が隣接している アニメ商材の多い秋葉原に比べ、古本・プレミア玩具など商品の販売店舗が多いのが特色と言える
、このビルでわずか2坪の、2階の開業時の分譲スペースをさらに細かく区切った区画を借りて、専門店「」が開業する 低価格ランチ 中野ブロードウェイの地下1階にある「 チャレンジャー」では、クレープとソフトクリームをテイクアウトできる他、店内でカレーライスやハンバーグなどのランチを楽しむことができる
そして中野ブロードウェイ建設の目的は前述の通り、中野駅前から続く当時の美観商店街(現・中野サンモール)を昭和通り(現・早稲田通り)まで延長することで、既存の業種を量的に拡大するという意味での一大商圏作りを見込んでいた エリアや沿線駅での検索はもちろん、様々なこだわり条件でも検索できます
8