ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 72。

35 7
悲しい気持ちになったジェニット チャンスを逃したと
第88話本編 ルーカスとパパを思い浮かべて、死んだはずのアナスタシウスと対峙するアタナシアからスタートです ジェニットは宮殿で何をしていたか聞かれたので、お茶を飲んで戻りましたと答えました
「陛下はせっかく安らかにお休みになっているというのに、私を親不孝者にするのですね 「剣をしまえ、フィリックス・ロベイン
ジェニット 『かわいらしいお姫様』の物語上では、ヒロインの設定です アタナシアやルーカスは『抱いて移動』にBLチックな想像し、結局ルーカスが魔法を使って移動させることになりました
私がここにいると分かれば寝ていても飛んでくるでしょう」 なぜ陛下を呼ばないのか、そんな声まで聞こえ始めてきて、アタナシアは勝負に出ます 本当に会うつもりではないだろう、と考えるアタナシア
場面変わってルーカスとアタナシアのティータイム そしてポカポカして寝ちゃうクロード無防備すぎて可愛い
何度飲んでも、口の中で花が咲いたような気分になります」 過去、アタナシアの母であるダイアナも似たような事を言っていたのを思い出しました 男性が、この方がこの間話していた妹さんですかと言うので、妹ではなくてとしどろもどろになり、パニックになるジェニット
アナスタシウスは、せっかく姫がこの屋敷に滞在しているうちに、手を打つつもりだったが機会を逃したなと言う 何故ルーカスが世界樹に行ったことを知っているのでしょう