キートン 山田。

いろいろと試していくうちに、気になった所はもう一度頭から撮り直しました。

キートン山田さん、声優引退へ 国民的な人気アニメ「ちびまる子ちゃん」で、1990年の放送開始からナレーションを務めてきたキートン山田(75)が、来年3月28日夜の放送を最後に番組を卒業することを4日、フジテレビが発表した。

後任は偶然だったのですが、僕とキートンさんとのこれまでの友情がここで結実したんだなあと思うと本当に感慨深いです。

僕は田舎で育って山の中で遊んでいたので、ポツンと一軒家で暮らしたいと思ったりすることもあるんですよ。

10年前から決めていた引退の理由、今後の人生設計を直撃! 65歳のときに同級生が定年を迎える年齢になって、自分はいつがいいのかずっと考えていました。

(ナレーション) 2005年• これまでキートンさんが築き上げてきたものを壊してしまったらえらいことになりますしね。

ちびまる子ちゃんスペシャルドラマ(ナレーション)• 現在の嫁とは61歳の時に再婚 キートン山田さんは 54歳のときに前妻と離婚しており、「いいかげん1人でいるのがむなしくなっていた時に、彼女の明るくて素直な人柄にひかれていった」という風に語っています。

75
当時は仕事でもプライベートでも毎日のように一緒にいたので、カミさんがやっかんでいましたよ(笑) 第564話「夏の別れ」(1983年) - 喫茶店店員• (コヨーテぼうやの父)• 1990年からは ちびまる子ちゃんの声優に抜擢され、ナレーションと『 後半へ続く』の命ゼリフは有名ですよね
(ジェリー・ブート〈代役〉)• 今回はいつものナレーションとは少し違う登場だったようで、「ナレーション以外のせりふだったので、たった2言でしたが、難しかったです」と振り返る山田 (系 ドラマパートナレーション)• 一生やるのも素晴らしいけど、自分の生き方をしたいというのがあった
(演出家、ニンジンスキー)• (男爵ディーノ)• Q:ナレーション以外で演じてみたかったちびまる子ちゃんのキャラクターは? ほとんど小学生の役だから、ないですが、変なおじさんとかやりたいよね、そういうの好きだから これからは「ちびまる子ちゃん」をお客さんとして見続けていきます
『』(縁日の声)• (ヒグマ)• できれば今日、この時にさくらさんに言いたかったな ラジオCM• - (英語)• 「銀のいずみ」(ナレーション)• 北海道 冒険温泉! CM 『みんな大好きケーズデンキ』(2015年4月 - 2021年3月)• ・(テレビ東京系、ギャルインタビューのナレーション)• (和尚)• 工夫したことは? もともとナレーションよりせりふが好きなんですが、ナレーション以外のせりふだったので、たった2言でしたが、難しかったです
当初は番宣だけで、本編は別のナレーターが担当する予定だった (マルック・アンドル)• 「名前を変えたことが大きいんじゃなくて、そこで気持ちが大きく変わったってこと
今はコロナ禍で大変なことも多いと思いますし、やりたいことをできない状況の方もたくさんいらっしゃると思います 自分の声ですら変化しているので、それを反省しつつです
まだ自分でナレーションをする前、当時大ブームだった小倉さんのナレーションを聞いて、「あっ、ナレーションってこんなに笑えるものなんだ」と初めて気づきました スタジオではなく、その場で演技を見せるわけです
10 92