コロナ ウイルス 衣服。

東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授の押谷仁氏は、クラスター対策班で全国の感染状況の解析と感染メカニズムを以下の説明をしています。

98
日常的に髪を清潔にしていれば良い。 洗濯はお湯でする・または乾燥機にかけるのが良い HCSP(公衆衛生高等評議会)は、ウイルス対策として「洗濯機で一度通常通りに洗って、さらに温度60度以上の乾燥機で最低30分乾燥させる」という洗濯方法を推奨しています。 現在の研究によると、ウイルスは紫外線と熱に敏感で、 正常な情況であれば屋外の一般的な仕事場に出た場合、 高濃度で活性を持つウイルスが含まれる飛沫が 髪につく可能性は非常に低い。 ただし次亜塩素酸は タンパク質を破壊する作用があるため、ウイルスだけでなく手の表面も荒れてしまいます。 Tシャツとして着用するならこの商品がおすすめです。 政府や関係各省は【重要なこと】として、 風邪・インフルエンザと同様、通常の感染対策が重要と説明しています。 -------------------------------------------------------------------------- この続きはhukukariの記事内で公開しています。 飛沫感染は、飛沫が飛ぶ範囲で起こるので、距離、時間、障害物の有無によって感染リスクが変わります。 研究を実施したのは、アメリカ疾病予防管理センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)およびプリンストン大学(Princeton University)の研究者たちです。 2月26日現在では高齢者を中心に国内では3名が死亡、重症者が51名(うち国内感染者15名)となっています。
2