ザファブル 評価。

13 58

貝沼の死ぬシーンとかもブラックジョークでしたね。

「図書館戦争」などでアクションのセンスを見せてきた岡田准一も、フィグラルツの振付でさらに才能を伸ばした、そんな印象を受けるシーンの連続だ。

だから、 とても楽しそうに役を演じているように見えてならない。

最初からこれは面白そうって入っていくとすべってしまいそうな作品だから期待半分にして行くと満足できると思います(笑) P. 常にマスクつけてるからがやってると信じたいけど8割りがアクションやってないんじゃないかって疑ってしまい途中からアクションを見る集中が薄れます。

それ故、 原作の持ち味を出せているか、 原作のキャラクターと俳優が合っているか、 シュールな日常部分がわざとらしくないかとういう点で、世間の評判は賛否両論分かれるかもしれません。

なんでも めちゃんこ強い殺し屋が、特技である殺しを禁じられ、普通の人として生活する中で、仲良くなった女性を救うため、相手を殺さずに救うことができるのかって話。

75px ;float:left;margin-left:30px;max-width:350. それと彼女の目ヂカラは前を向き懸命にリハビリに励む役柄にはピッタリだと思うのだが、存在感が強過ぎて他のキャストとのバランスを欠いているのも残念。

widgettitle:before, post-top-widget. important;border-bottom:1px dashed rgba 255,255,255,. 原作ファンは間違いなく楽しめる作品。

84