クズネッツ 曲線。

「クズネッツの逆U字曲線理論」とは クズネッツの逆U字曲線理論とは、経済学に関連する仮説の一つで、経済発展によって世の中に生じる不平等がどのようなものなのかを理論的に証明しようとする仮説のことです。

Tierney, John 2009年4月20日. ただし、再び経済が成長すると、またその格差は大きくなります。 Tierney, John 2009年4月20日. このように、ルイス転換点とクズネッツ転換点の関係は、中国において観測されているのである。 1914年~1945年にかけてほとんどの富裕国で見られた、急激な所得格差の低下は、何よりも二度の世界大戦と、それに伴う激しい経済政治的なショック(特に大きな財産を持っていた人々に対するもの)のおかげだった。 (出所)筆者作成 この仮説に沿って言えば、中国はちょうど「逆U字型曲線」の頂点(「クズネッツ転換点」)を通過し、所得格差が縮小の方向に向かい始めていることになる。 (その他に人口の変化に起因する説などもあり). 中にはジニ係数が20を切る国もあったりはしますが(シリア18. 資本から得られる収益率が経済成長率を上回れば上回るほど、それだけ富は資本家へ蓄積されるという理論です。 クズネッツ曲線(クズネッツきょくせん、クズネッツ・カーブ)は、アメリカの経済学者が提唱した曲線。 環境クズネッツ曲線によれば、経済が発展するにしたがって二酸化炭素の排出量が減少に転じる可能性があることになり、所得と環境負荷の間に逆U字型の関係が成立すると主張する仮説です。 そして最終的には、労働力全体が近代的な高生産性部門に吸収され、平均所得が高まると同時に、所得格差が比較的低いレベルに低下する、というのがクズネッツ曲線とその仮説です。 それは、リスクを取った人にもご褒美を与えるという事実だ。
78 13