値 千金。

「春宵一刻値千金」に由来 値千金は、中国の詩、北宋の詩人蘇東坡の詩に由来します。

花には清らかな香りがただよっており、月はおぼろにかすみ、なんともいえぬ風情である。

これからはあなたの大切で貴重な何かに対して「値千金」と使ってみてください。

ちなみに成功に対して使われる言葉のため、試合を決定づける相手のミスなどに対して「価千金のエラー」や「価千金のオウンゴール」という使い方はほとんどされません。

読み方は「あたいせんきん」です。

スポーツ以外でも使用してほしい「値千金」 「値千金」は、スポーツの大切な場面で活躍することを表現することが多いです。

また値千金の他に、「価千金」という表記もされます。

ただ、「値千金」以外にも「一角千金」など、 とにかく非常に価値が高いことを表す時によく使われます。

華やいだ後の静寂が、春宵の価値を高めていると言える。

18 9