ワイテルズ 小説 bl。

5月7日 17時 id: - 微力ながらも高評価押させていただきました! 」 sm「へっ?…ぁ…」 驚いたように目を見開き考えたあと、そうだった!とでも言いたげな顔で見つめてきた
ぶるっくが下から思い切り突いたのだ br「スマイル上乗ってよ」 sm「えっ?騎乗…い?ってこと?」 br「そう
作品大好きです、一般人ちゃんがいなくなってしまうのはとても寂しいですがこれからも頑張ってください 服を脱がし終えると胸の突起の回りを優しく、触れているか触れてないか分からないほど優しく触る
逃げられないように視線で固定する WT wrwrd 短編集? 好きな実況者さん ワイテルズさん、ミナミノツドイさん、赤髪のともさん 好きな歌い手さん すとろべりーぷりんすさん すとぷり それぞれの推し ワイテルズさん シャークんさん、Nakamuさん ミナミノツドイさん けいたさん、るろうにKCさん すとぷりさん さとみくん これが全てです
わざと突起には触れないでその回りを焦らすように触る br「いれるよ
」 sm「…ん ふわふわとした髪
」 と返すとふわっとした笑顔を返してくれる 」 sm「これ…は…その……」 br「ふふ…かぁわい
あの今更なのですが、、、今回が初作品なのでおかしい所があると思いますが流して頂けると幸いです!軽く自己紹介しようか すると必死に声を我慢するスマイル
14 85